FC2ブログ

プラス マイナス ゼロ

気が付けばもうすぐ10月。間もなく東伊豆の禁止エリアも開放される。

いよいよ秋のイカシーズン。

そろそろいつもの場所へ様子を見に行くかと。 
天気予報によれば波は2m、風も夕方からは1mとか。
これならぜんぜんOKと…と、ところがいざ言ってみれば現場は爆風&ダダ荒れ。  

高台から様子を見ていると、入ろうとしていた磯場の先端は時折打ち付ける高波が洗い、間違いなく身の危険を感じるレベル。 

しばし呆然と眺めていると隣に一台の車が止まり、中から下りてきた人がやはり海を眺めて立ち尽くす。

江木「すみませーん。釣りですか?」

お隣さん「ええ。でも荒れてますね…。予想外だったな。」 

江木「私も天気予報に騙されました。10分ほど前から見てますけど、かなりヤバいですよ。まだ満潮まで2時間はありますから、堤防も洗うでしょうねぇ。」 

お隣さん「はぁ…どうしようかなぁ…。」

江木「この波を避けるとなると熱海港か早川港しかないですかね。でも風もすごいからなぁ。」

お隣さん「真鶴の裏側ならなんとかなるかもしれませんね。」

困ったときはお互い様。たまたま居合わせた者どうし情報を交換しつつ、2人でなんとか釣りが出来そうな真鶴半島の風裏の磯へ。

しかしここもウネリの影響で足下にはサラシ。時折すぐ横の岩に波が当たって高さ3mほどの水の壁が立つ。 

サラシ

先行でルアーマンが1人離れた岩の上でジグやミノーでヒラスズキか青物を狙っていた。

夕景

夕マヅメだから頑張ってエギを投げては見るがウネリにもまれてエギが安定しないわ風でラインが吹かれるわでとてもじゃないがイカを狙える状況ではない。 

江木「いやぁ、ダメですねこりゃ。薄明るいうちに足場のいい港周りに移動しますわ。色々ありがとうございました。」

お隣さんもノー感じで別のところへ移動するという。
お隣さんとお別れして帰る道すがら小田原へ。

なんとか風、波とも避けられるが入れ替わりで2人ほどのエギンガーさんが釣れないからと諦めて引き上げる。

アレコレと手を変え品を変え、1時間以上やっては見るがアタリはまったく無し。オマケにエギを2本もロスト。 

もうそろそろ諦めて帰るかと言う時に再び根掛かりして、なんとか回収すると古びたエギが2本付いて来た。

水揚

「これで2本無くして2本拾ってプラスマイナスゼロ…か。これ以上やっても見込みなさそうだし、ボチボチ上がるか。」 

墨跡もほとんどないし、まだあと少しかかりそうだな。

でもあと2週間もすればきっと…。






それでも
スポンサーサイト
2014-09-28 : 釣行記 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

おはようございます
調査ご苦労様でした!
今年はまだまだ早い様ですね。
西の方もサッパリの様子です。
このまま釣れずに冬到来の予感が・・・
来月に入ったら始動してみます。
2014-09-29 08:37 : eg URL : 編集
egさんどうもです
小田原はまだ小さな墨跡がちょびっと付いてただけでしたね。春があんな状況だったからちと心配になりますねぇ。まあいずれにしてももうちょっとの辛抱ですね。
2014-09-29 12:38 : 江木乗男 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

えぎのりお

Author:えぎのりお
先日風邪をひきました。
鼻をかんだら真っ黒な墨が出ました。
・・・うそです。
と言うくらいアオリが好きさ。
ああ、エギングが大好きさ。
でも気が付けばもう50なのさ w

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード