FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

締めくくり

3連休皆様いかがお過ごしでしょうか?

今年のイカの不作はひどいもの。 

1週間ほど前、かれこれ一年ぶり?にとあるエギ友から電話が。

江木「どうもご無沙汰してますAさん。どうです?今年はデカイの出ましたか?」

A参「えっ?デカイカ?そんなもん居ないよ。今年はMAX1700g。数もやっとこの前で10パイ。いつもの年の1/3も釣れないよ。」  

Aさんは私よりもぜんぜん年上ながら、渓流釣りや鮎釣りで鍛えているから足が達者で地磯のすごいところをホイホイと釣り歩く驚異的な身体能力を持つオジサン。

毎年人知れずの地磯を転々と釣り歩いては素晴しい釣果をたたき出す達人なのである。
その達人をもってしても例年の1/3以下とか、2キロ超えが出ないとかやはり本当に釣れない年なのだ。 

そんな中、別のイカ友から先週某所でポロポロと釣れましたとの貴重な情報。
最後のチャンスとO君と出撃。

O君も今年はすっかり諦めムード。
「釣れますかねぇ…。」と出発前から完全に疑問形。

江木「まあ、コレばっかりは行って見ないと解らんやね。」

途中の海水浴場で見える水着のおねいさんに鼻の下を伸ばしつつ、目指すポイントへ。
本日は午後3時ころから現場の下見をしつつ、日が落ちてからの2時間ほどに期待してというスケジュール。

予定通りの時刻に現場についてヤエン釣りの先行者に状況を聞いてみる。

江木「こんにちは。どうですか?アタリあります?」

ヤエン師「朝からやってるけど一度もアジがかじられないよ。先週は昼間でもポッツリポッツリはアタリがあったけどねぇ。もうさすがに時期的に終わりだね。」 

聞けば直ぐ近くに住んでいる地元の人で毎日のように様子を見に来ているという。
まあ過大な期待はしていないからね。
たぶんそんな感じかなと覚悟してたからね。
でもまだチャンスが全く無いわけじゃないからね。 

O君とバラバラになって端から転々と様子を見ていく。
今年はどこも海草が無くて産卵に寄るイカが極端に少ないという話が多かったが、ここは未だに元気な海草が豊富に生えていて期待値が上がる。
水色も悪くないし小魚も居る。

ただイカの気配だけは全くない。アジ餌でねらっている人たちも相変わらず誰一人アジをかじられていない。
夕まづめの一時が勝負時か…。 

やがて日が落ち、アタリが暗くなり始めると同時に潮が効きはじめいよいよ雰囲気はMAX。 

ふと見るとO君の横のヤエン師がアオリイカを掛けた様子。 

江木「おっ、お隣さん釣れてるね。いよいよチャンスタイムかな。」 

ヤエン師「ギャフギャフ!あっ…。」

奥さんがギャフを手に取り込もうと頑張ったものの400gくらいのアオリはヤエン針から外れて逃げていった。

江木(よーしこれで確実に1パイはまだ海に居る!)

 

O君と2人、ひたすら集中する。

30分ほど過ぎたころ、やけに背後が騒がしくなってきた。

 

なんだ?この人だかりは?
気が付けば後ろの堤防のひな壇になったところにゾロゾロと人が集まり始めた。
7月も中を過ぎたこの時期、考えられるのは花火だ。 

夜8時。

花火


ドーン、ドドドドーン!!!

「わーあすごーいきれーい!」

丁度向かいになる港からいきなり大輪の花火。 

(おおおぉっ綺麗だなぁ…。) 

私もO君もエギをしゃくりながらも顔は花火の方角へ。

背後の歓声と次々と夜空を彩る様々な花火に気を取られつつも手の感覚だけを頼りにエギをシャクりアタリを聞いて…。

タダでさえ釣れなくて厳しい状況なのにそんな忙しい状態で釣れるはずもなく。

見事に「完ボ」 

結局アジで狙っていたヤエン師たちもその後誰一人アタリもなく終了。

今年の初夏のエギングシーズンを締めくくったのは大イカならぬ、大輪の花火でございました。 

さて、これからは弓ツノとジギングでソーダでもやるかね。
はーーーぁ、ほんとにアオリイカ釣れねぇ。





スポンサーサイト
2014-07-21 : 釣行記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

えぎのりお

Author:えぎのりお
先日風邪をひきました。
鼻をかんだら真っ黒な墨が出ました。
・・・うそです。
と言うくらいアオリが好きさ。
ああ、エギングが大好きさ。
でも気が付けばもう50なのさ w

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。