FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

用意周到

どうも。お元気ですか?

いやぁこれまたすっかりご無沙汰いたしております。 

その後…って、いったいいつからかも分からないくらいの放置で大変失礼をばいたしました。

前回のブログの後も何度か近場に行ったことは行きましたが全く持って釣れず。

ご存知かとは思いますが、イカの乗りと釣人の気乗り

当然比例関係にあるわけで。

イカが乗らない=なんか気分が乗らない 

ということですっかりブログを書く気分にもなれず。
てな具合でございました。

さてそうこうするうちに気が付けばすでに五月。
伊豆界隈ではいよいよ春イカと呼ばれるデカイカが釣れ始める季節。 

しかしGWの最中にいそいそと出かけるのは自爆行為。 

このGWが明けた次の週末から全てが始まるのが例年の流れ。

仲間が2人で2キロ超えを連発したのも昨年のちょうどこの時期。 

金曜日から土曜日の潮周りは若潮 → 中潮とまさに始まりの予感。

ナイスサイズの第一集団が接岸するならこのタイミングかと。 

ええ。

当然このチャンスを逃しはしませんよ。

二ヶ月以上前から休日出勤の振り替え休みをココに入れて。

いつもは日帰りコースだけど今回はじっくりとやりたいからお泊りコースで。 

車で寝泊りの準備も完了。

用意周到に、念入りに、準備万端な感じで。 

そして金曜日の朝3時に現場に立つ。

今日は朝9時くらいから風が強くなる予報だから朝イチが勝負。

慎重に、丁寧に底近くをキッチリと攻める。

東の空がわずかにが明るくなったころ、着底間際の一瞬に小さく


「タンッ!」


イカパンチ頂きましたーーー! 

ビシッ!

ぐいーーん、ぐいーーん。


久しぶりのイカの引き。

だがこのトルクの無い残念な感じの引きは…




モンゴウ600


案の定、目つきの悪いモンゴウ。推定600g。

いやはや。

数ヶ月ぶりのイカさんが君かね。 

そうやって睨むのやめてもらえないかね。 

もうとっとと帰ってくれ。

ドボン!

でリリース。

やがて辺りがすっかり明るくなると風がびゅぅぅぅ… 

すぐに爆風になり完全にお手上げ。
風は予報通り夜まで吹き続けて車でひたすら待機。
やっと止んだのは夜8時過ぎ。

それからさらに二時間ほどがんばったけどアタリもカスリもしない。

せっかく休みを取って来たけれど、
そう言う時に限ってこんなもんなんだよね。
ま、明日また頑張りましょ。

で、翌朝朝4時に現場に立つ。

昨日の空いていた港とは打って変わってそこら中にエギンガー。 
わずかに残った場所に入らせてもらい戦闘開始。

天気は上々。

昨日の爆風がウソのようなベタベタの凪ぎ。

凪

極めて釣りやすいのだが肝心のイカからのアタリは無い。

1時間が過ぎ、2時間が過ぎ、3時間が過ぎ…

やがて入る場所に困るほど居たエギンガー達も、
あまりの釣れなさにみなどこかに移動して釣場もガラガラ。

春のデカイカはいつ入ってくるか分からない。
チョロチョロ移動しても結局タイミングを逃すだけ。
どんなに釣れなくても我慢して、
回遊ルートでじっくりと腰をすえてひたすら待つ。  

さらに1時間が過ぎ、2時間が過ぎ、3時間が過ぎ…


餌になる小魚は沢山居る。水温もまずまずなはず。
でも潮が動かない…。 

さらに時間は過ぎて気が付けば徐々に夕方が近づく。
まあ明るいうちはどうでもいい。
肝心なのは夕方から夜8時の潮止まりまでの一時なのだ。

ところが夕方4時ころからか、またあの風が吹き出した。 

予報には全くなかったはずなのに、あの爆風がまたしても。 
そしてその爆風は結局夜8時を回っても止むことはなく、
むしろさらに勢いを増して、釣りは強制終了。 

どんなに準備を念入りにしても、やっぱり自然には逆らえない。



この2日間、誰一人としてアオリを上げている人は見かけなかったよ。
今年は黒潮の流れ方の関係で、
色々な魚が遅れているとは聞いていたけど、
当然アオリも同じ海の中に居るわけだから遅れて当然。
始まりはあと1週間? 2週間?

ふっ。

まあいいさ。

こんな事もあろうかと、翌日の日曜日には今バリバリとイレグイモードの平塚は浅八丸ライトルアー船に予約を入れてあるのさ。 

アオリの痛手はサバのイレグイで返してもらう。

少々古いが

「やられたらやり返す。倍返しだ!」

よく日曜日。
相棒のO君とともに約10ヶ月ぶりのライトルアー船。
もちろん準備は抜かりなく。

事前の釣果情報で、サバのタナが深いこと、群れの動きが早いこと、水色が濁り気味なのは調べ済み。

用意したのはフォールスピードの早いオーシャンドミネーター80gセンターバランス。
フックは鬼掛けの2本バリ仕様。
色は目立つピンクシルバーとドピンクホロ。

ダブルフック

ドピンクホロ

いやあ、釣ったよ。
釣った。
ひたすら釣りまくったよ。
予想通りの展開で、ルアーもハマッて。

結果は20本。

サバ20本

やっぱり釣れる釣りは楽しいやね。 
これだけ釣れると一気に気持ちが明るくなるやね。

万が一イカが釣れなかった時のためのサバでのリカバーリー。

ふっ。

これこそ用意周到

イカの借りはサバで返す。

「やられたらやり返す。倍返しだ!」  

えっ?

「イカがゼロだったんだから、ゼロは何倍しても所詮ゼロだろう!」 

と?


スポンサーサイト
2014-05-12 : 釣行記 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-05-17 12:37 : : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

えぎのりお

Author:えぎのりお
先日風邪をひきました。
鼻をかんだら真っ黒な墨が出ました。
・・・うそです。
と言うくらいアオリが好きさ。
ああ、エギングが大好きさ。
でも気が付けばもう50なのさ w

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。