FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

井の中の蛙 3

どんどんと迷宮の奥深くに迷い込んでいくオレ。

渋いながらもポツリポツリと上がる周りの同船者たち。

それでも心折れずにひたすら丁寧に丁寧に釣ることを心がける。


”フッ。”


それまでまったく反応の無かった竿先に一瞬の生命反応。 



ビシッ! 


ぶちっ。




高ギレ・・・

ノオォォォォォォォォォォォォッ!

今日はじめてのアタリらしいアタリだったのに…。

よりによってラインが高ギレって、オイ

こんなことならラインを巻き変えておくんだった。

確かにだいぶ痛んでいたのは気が付いてたんだよ。

でもさ、つい面倒で巻き変えなかったんだよ。 


こう言う重要な時に限ってライントラブルてのは起きるんだよね。

システムを組みなおしていると、ミヨシの同船者がまた掛けている。

江木「なんかあの人ずいぶん釣ってるなぁ。」 

O君「今日一番釣ってるんじゃないですか。」

船長「お客さんそれでいくつ目?6っつ?すげーなぁひとり勝ちだなぁ。」



かたや6っつ、こっちは0。

この差はなんなんだぁぁぁぁ。

こう言う時は釣れている人の釣り方をよく観察するに限る。

江木(1,2,3,4,5,6回!しかもずいぶん強くシャクってるなぁ。強いアクションが効くのかな?)

自分はエギを浮かさないようにずっと地味なシャクリばかりしていたことに気付く。
すぐに同じようにキツめのシャクリに変えて見る。

江木(10,11,12 … 23。約20秒か、シャクッたあとの待ち時間も長いなぁ。)

こちらも今まで以上に待ちの時間を長くしてみる。

ふたたびミヨシを見るとまたしてもその人にヒット。



分かんねぇ。いったい何が違うんだ?

そうこうするうちに潮が緩みはじめて明らかに海の生命感が薄れはじめる。

さらにミヨシの同船者が1つ追加したところで完全に流れが無くなる。

やべぇ、潮止まりだ。 

こうなるともうお手上げだ。

オマケに黒い雲がどんどん近づいてきてラインが帯電してフワフワと浮き上がり始める。
さらに時折リールフットからビリビリと電気が流れて一瞬ロッドを落としそうになる。

ゴロゴロゴロ… 

光はしないものの音が聞こえてくる。

船長「あぁ、雷が寄ってきちゃったから危ないんで少し早いけどこれで上がりまーす。」



や、やっちまった!

まさかの完「ボ」 

船長「いゃぁ今日はアタリの出方が小さかったみたいだからねぇ、しょうがないよ。またもう少し水温上がればもっとハッキリアタリが出るからまたきてよね。ごめんね。」

船長が慰めの言葉をかけてくれる。



…のはいいんだが、

それって完全にアタリが分からないシロウトさんにされてないかオレ? 

江木(いや、船長、たしかに今日は1つも釣れなかったよ。
でもオレ真冬のド寒い時期のシブイアタリを取って、竿頭とかも一応とれるくらいのレベルはあるんだよぉ。
そのなドシロウトさんじゃないんだよぉぉぉぉ。)

もちろんそんな言い訳をすれば余計に惨めになるだけだからそっと心の中で泣いてたよ。

そして今後のために素直に竿頭のミヨシの人に今日のパターンを聞いたよ。 

江木「ブッチギリの竿頭でしたね。今日はどんな釣り方してたんですか?」

竿頭「うーん…どんなかぁ…」

一口には解説しずらい様子。
ならばより踏み込んで根掘り葉掘り聞くまで。

江木「ずいぶんと強く回数シャクッてましたね。6回くらい?強い動きを意識してたんですか?」

竿頭「いや強い動きというより高さを出してました。春は秋と違って横の動きよりも縦の動きに反応がいいからエギもあまりダートせずに上に上がりやすいエギを選んで使ってました。」

なるほど、確かに上に引っ張り上げるような動作でシャクッてたっけ。

江木「待ち時間もだいぶ長く待ってましたよね。カウントしたら長いときで30秒近くかな?」

竿頭「アタリが極端に小さかったんで食わせの間を長めにとってましたよ。」

やはりそうか。
しかも後で使っていたロツドを見せてもらうと、竿先がソリッドティップで自分が使っているものよりもさらにやわらかく繊細な穂先で、明らかにこんな時にもアタリが取りやすいと一目で分かるロッドを使用されていた。

江木「色々おしえていただいてありがとうございました。」

竿頭「いえいえ、どういたしまして。」


これでなぞが解けたよ。
底ベタベタを意識して攻めた自分と、高くエギを上げた同船者。
あのシャクり方からするとおそらく5mではきかないくらいの高さの差が出ていたはず。

冬はイカが低層の安定した水温に向かうから底ベタがいいけれど、今回は春。数日前からようやく暖かい潮が差してきた状態。おそらく底潮はまだ水温が低く、暖かい水温の潮が上に乗っていたのではないか?
ようはお風呂の上が熱くてもしたはヒンヤリの状態だ。
ならばイカは当然より暖かな上層水に向かうはず。

つまりオレはわざわざイカの居ない低層ばかりを集中的に狙っていたんじゃないか?
そりゃあアタリが無いわけだよ。 

おまけにロッドの穂先の感度の差があそこまであると、確かにオレの竿では出せないアタリがあったのかもしれない。

自分がティップランに行くのはいつも年末もギリギリ押し迫った冬ばかり。

冷静に考えればすぐにわかりそうな今回の過ちの原因も、春の経験が無いばっかりに完全に見落としていたよ。

冬の釣りだけでティップランを理解した気になっていた自分が恥ずかしいぜ。 



まさに「井の中の蛙大海を知らず」。 

どれだけ経験を積んでもまだまだ気付いていないことがきっとあるはず。

常に謙虚に釣りをしないいけないと思ってはいるけれど、なかなか出来ないんだよねコレが。

出来ればとっくに神レベルのイカ師になってるよね。

また1ついい勉強したよ。

次はぜってぇ釣るぜ。 
スポンサーサイト
2014-04-12 : 釣行記 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

大変勉強になりました!感謝!

また、あそこで近じかお会いした時にお聞かせ下さい(微笑)
2014-04-12 19:58 : eg URL : 編集
egさんどーもです
いやぁどうにもこうにも、参りました。本当に凹みましたよ。できれば今週も船に乗って再検証したかったんですが、さすがに二週続けて乗るのは懐具合が…。
水温にもよりますが来週辺りそろそろ界隈釣れてもよさそうですよね。また連絡しますね。
2014-04-13 22:30 : 江木乗男 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

えぎのりお

Author:えぎのりお
先日風邪をひきました。
鼻をかんだら真っ黒な墨が出ました。
・・・うそです。
と言うくらいアオリが好きさ。
ああ、エギングが大好きさ。
でも気が付けばもう50なのさ w

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。