FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

備えあれば

気が付けばもう今年もあと数日。

前回の記事が9日って…まったくもって放置ですんまそん。 

先週は地元自治会の「餅つき会」。

自治会役員総出で作った豚汁とつきたてのお餅は、大勢の近所の子供連れの皆さんに大好評のうちに無事終了となりました。 

いやぁ、それにしても杵でモチをつくのは思った以上に重労働。

普段エギロッドくらいしか振ってない体には思いのほかキツい仕事だったよ。 

さて、そんなこんなであわただしく一週間が過ぎて昨日の日曜日。

久しぶりに海へ。 

今回は単独で気の向くままに。

たまにはすこしだけ遠出をと思い川奈までいそいそと。

途中渋滞で夕マヅメに間に合わないかと冷や冷やしたけどなんとか明るいうちに現地着。

防寒着込んで堤防に向かうと港には小さいルアーをしきりに投げる釣人多数。 

江木「何が釣れてるんですか?」

釣人A「今カマスがね、釣れてて。25cmくらいあるよ。」

よく見ると港の中には所々でプチナブラ。

カマスかぁ、

「つ、釣りたい…」

けどここは浮気せずにイカ狙いの場所を確保せねば。

堤防ではちょうど入りたかった場所にいた家族連れが帰り支度の真っ最中。

ラッキー! 

ここは暗くなってからが勝負。でもとりあえず潮の流れをチェックするべくあちらこちらとエギを投げて様子を見る。

となりのご夫婦はカマス狙い。

釣人B「おっ、釣れた!その辺りに投げて。」

旦那さんが30cm近いナイスナカマスを上げる。

釣人B奥さん。「あっ来た来た!」

なんともほほえましい光景である。 

しばらくして自分の前で少し大型の魚がバシャ。

カマス以外にも何か居るのか? 

慌てて車にメタルジグをとりに行ってキャスト。

コンッ!

ビシッ。

スカッ!

何だ?何の魚だ?

しばらくして左の方からナブラが近づいて来た。

釣人B奥さん「あっ、おっきなカマス!」

釣人B「今だ今、すぐ投げて!」

サビキの仕掛けはカマス連発。

ナブラにジグを投げるとコン!

ビシッ。

ググググ。 

フッ… 

フックが大きくて掛かっても直ぐにバレちまう。 

それでもなんとか1匹ゲット。

20151222カマス


と同時にナブラ終了。その後全くジグにはアタリ無し。 

ダセェ。

こんなことなら小さいジグを仕込んでおくんだった。

海はいつ何時、何が起こるかわからない。

分かっちゃいるけどつい面倒になっちゃうんだよね。

そうこうするうちにすっかり日は暮れていよいよ本命タイム。


「そろそろ来るかな…」


そよっ。

「そよっ?」

そよょょょょ。

ぴゅー。



ビュウぅぅぅぅぅぅう 


ビュゥぅぅぅぅってオイ 

こんなに風が吹くなんて聞いてないよぉ。 

時間とともに風はどんどん強くなってしかも完全に向かい風。

人間とは本当に無力なものである。

カマス一匹で終了か。トホホ。 


ちょうど潮止まり。

もどりがてらいつもの所をチェックして帰るか。



帰りに立ち寄った堤防はいつもの事ながら満員御礼。

「しかたない、また横の磯場やるか。」

満潮からの下げ。タイミングは悪くない。

潮も動き始めて良い感じ。


が、


全くアタリなし。

「さすがに水温下がってきてるからなぁ。居ないんかなぁ…。」

あらゆる方向に投げ、シャクリの強弱や泳層やら色々試すが全くノー感じ。



こんな時は最後の手段。



タダ巻きーーーー!

ゆっくりとミノーを引くようにただただタナを合わせて巻くだけ。

信じて巻き続けるのはけっこう忍耐が要る。

信じてひたすら巻き続けると


タンッ

グィィィィィィン!

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

信じて巻き続けたかいがあったよぉ。


重量感から明らかにキーパー確信。

どれどれ、ポチッ。

ヘッドライトのスイッチを入れると水面からニューっと伸びた1本の触腕。

カンナはその先端の部分にかろうじて掛かっている。 

波間にチラっと見えたイカのサイズは推定700g。

「こりゃさすがに抜けないな。」 

カパッ。

ギャフのフタをあけてギャフを出す…

ん?

ギャフの爪が開かない。 

最近小物ばかりでギャフ使ってなかったからなぁ。

サビついてギャフヘッド固着。

片手にはロッド。仕方なくギャフを股に挟んで爪を片手で開く。

「よし。」

スルスルとギャフを伸ばしにかかる。

スルスルと

スル。ピタッ。

おろっ?

これまた手入れ不足で潮噛みしてスムーズに伸びないギャフ。  

無理やり振り出してなんとかギリギリ届くところまで伸ばしイカに向ける。

竿でイカを回してカンでギャフを打つ。

スカッ! 

堤防と違って磯場は波の立ち方が複雑。

中途半端にサラシが出て白泡が邪魔してよく見えない。

オマケに老眼が進んで距離感が狂ってギャフが決まらない。

3回くらいスカッたか。

やっと手ごたえろを感じて引き上げるとギャフの爪はエンペラのフチ1cmくらいのところに掛かっている。 

「ヤベぇ、またびみょうな所に掛かっちまった。」

イカのエンペラが切れないようにそおっとそおっと引き上げる。

ブチッ

どぼんっ!



懸念していたとおり、イカのエンペラが重さで切れて落下。

「うわぁ、まだイカ着いてるかな。」

テンションを掛けるとまだ重い。

「よかったぁ。しかし見えねぇ。」 

足元の複雑な波にもまれるイカ。

再度カンでギャフを打つ。

グッ。

重さを感じて引き上げる。

ライトの明かりに浮き上がったギャフの先には足が絡んでいるだけ。

「おわっ、最悪だぁ。」

もう一度打ちなおすこともできず、またしてもむりやりそのまま引き上げるしかない。

「外れるなよ、外れないでくれよぉ…」


ブチ。

どぼんっ!

ふたたび落下。

とたんにロッドからイカの重さが消える。



ダセェ。

ダサすぎる!


始めてギャフを使う初心者みたいなダサダサのギャフ掛け。

いくらなんでもダサすぎる。 

その後、夜10時まで粘るもアタリすら無し。

当然 

貴重なイカを、ギャフ掛けでミスって落とすなんて。

今回はボのショックよりも、

シロウトなみのギャフミスに凹んだよ。

今度はちゃんと手入れしておこう。

備えあれば憂い無し。


スポンサーサイト
2013-12-23 : 釣行記 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

お疲れ様でした!
惜しい事しましたね!
かなり水温下がってるみたいですね。。
お帰り下さった烏賊は名残惜しいでしょうが
モンスターじゃなくて良かったですね!
これがモンスターだったら・・・(笑
2013-12-24 11:20 : eg URL : 編集
egさんこんばんは
コレがキロ超えだったら…そりゃあもう3日はうなされてたでしょうね(笑
お正月用のイカ、29日になんとかせねば。egさんも頑張ってくださいねー。
2013-12-24 21:51 : 江木乗男 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

えぎのりお

Author:えぎのりお
先日風邪をひきました。
鼻をかんだら真っ黒な墨が出ました。
・・・うそです。
と言うくらいアオリが好きさ。
ああ、エギングが大好きさ。
でも気が付けばもう50なのさ w

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。