FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

勘違い

地元の自治会主催の盆踊りは昨晩無事に開催… 

とは行かなかった。

18時、予定通り開催されていよいよ盛り上がってきた19時過ぎ。
ポツりポツりと来たかと思ったら、
あっという間にバケツをひっくり返したようなドシャ降りの雨。 

夕立なんてかわいいもんじゃない。
まさに最近流行のゲリラ豪雨的な。 

おかげて今日の片付けも、まずはビショ濡れでドロドロになった諸々を乾かしてから。 

提灯やら椅子、机、テントetc.

色々な荷物を会場から少し離れた倉庫や、借りた近所の公民館へとリヤカーやら車やらで搬送した。
リヤカーだけじゃ埒が明かないからマイカーも提供してお手伝い。 
倉庫に荷物を運び終わって自治会のスタッフ数人を乗せて会場に戻るときの事。

スタッフA「この釣竿は何釣りに使うものなんですか?」

いつも車内に掛けっ放しのタックルに気付いたさん。

江木(あらぁ、気が付いちゃいましたかそこ。) 

普通の釣りなら説明は簡単なのだが、エギングと言うのは実は釣りをよく知らない人に説明するのは極めて難しいのだ。

もちろん「コイ釣りですよ」とか分かりやすい適当なことを言ってその場をしのぐことは出来る。


しかーし!


エギングを心から愛する私には、そんないい加減な説明をすることはエギングを冒涜する行為以外の何モノでもない。

江木「あっ、イカ釣りの竿なんですよ。」

スタッフB「イカ釣りですか!」

予想通りのリアクション。
一般の方からすればイカを釣ること自体が未知の世界なのは容易に理解できる。
おそらくこの時点で想像しているのはTVでたまに見かけるイカ釣り漁のシーン。 

(そうなんだよねぇ、絶対勘違いしてるよねぇ。でもここからの説明がが大変なんだよねぇ…) 

江木「えぇ、アオリイカってのをエギって言う擬餌エサ、いわゆるルアーみたいなヤツで釣るのに使うんですよ。」

スタッフA「エギ…ですか。」

(その返事の感じ、絶対にイメージ湧いてないでしょ、でしょ?) 

江木「ええ。その後部座席の裏にいくつか引っ掛ってますでしょ?オレンジとか、ピンクとかの色の着いた。それですよ。」

(おっ、前回の釣りで仕舞うのが面倒で引っ掛けておいたエギが役に立ったぜ。ものぐさも悪くないな。) 

スタッフA「船ですか?」

(あーぁ、結局頭の中の映像はイカ漁のそれから変わらずか。) 

江木「あー、船でやることもあるんですけど、僕は基本的には岸からですね。船代高いんですよね、1万円近く掛かるんで。」

スタッフA「そんなに掛かるんですか!そりゃえらい高いイカですねぇ。」

(えっ?そこ?そっちに食いついたの?普通は岸からも釣れるんですか?的な反応が多いんだけど)

スタッフB「釣り船って意外に高いらしいよね。」

そこでちょうど目的地の会場に到着。

(よかった、釣り方とかの説明する前に着いたよ。) 

結局片付けは夕方までかかってなんとか終了。

運転しながらエギングのイメージを正しくシロウトさんに分かりやすく教えるのは難し過ぎるのダ。
スポンサーサイト
2013-07-28 : イカ師の日常 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
地域貢献お疲れ様です。

釣りをやらない方には分かりずらいですよね。
私もエギングを始める前は、イカ釣りは船で夜!と思っていましたから(幼い頃何度か行っていたもので)
まして、岸からエサでなくルアーでアオリですからね・・・。
想像すら出来ないんだろうなぁ(笑)
2013-07-29 12:49 : eg URL : 編集
egさんお疲れ様です
全く釣りをしない人には岸からイカが釣れることがすでに不思議みたいですからね。堤防からアオリイカが釣れるなんて、普通の人には全く想像がつかないわけですよね。(笑
2013-07-29 22:56 : 江木乗男 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

えぎのりお

Author:えぎのりお
先日風邪をひきました。
鼻をかんだら真っ黒な墨が出ました。
・・・うそです。
と言うくらいアオリが好きさ。
ああ、エギングが大好きさ。
でも気が付けばもう50なのさ w

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。