FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

迷い

釣り人たるもの三日も休みがあれば、
一日くらいは釣りに行きたくなるのが人情。

前回痛い目を見たにもかかわらず、
懲りもせずに出撃。

今回のおともはK君。
ティップラン船の時に朝錬と称して
抜け駆けイカを釣ったあのK君だ。
千葉在住にもかかわらず、わざわざ東伊豆に来る変わり者。

江木「連休どうするの?イカ行く?」

K君「釣れますかね?」

江木「釣れるといいねぇ。まあアオリ意外にもヤリとかスルメとか色々いるしね。」

K君「自分細長いのでも良いいです。」

江木「そっちならスッテとかテーラーみたいの投げてみれば釣れそうじゃね?」

K君の目が輝き始める。

江木「何時から行こうか?どっちみち釣れるのは暗いうちだけど。」

K君「どうせなら朝イチから行きませんか?」

千葉から来るからには当然ガッツリ釣をしたくなるってもの。
ならばその情熱に応えるのが礼儀というもの。

江木「いつもの場所なら連休で結構早い時間からポイントいっぱいになりそうだな。1時にウチ出発して2時過ぎ着ならまだ入れるでしょ。」

K君「じゃ1時にいきます。」

予定通りに出発し、予定通りに現場着。
先行者は1人いたがこれまた予定通りにポイントに入れた。

予報通り風、波ともなく完全に凪ぎ。
しかし寒さがハンパではない。
2時半に始めて二時間以上まったくアタリ無し。 
そろそろ心折れかけたその時、K君のロッドが曲がる。

江木「お、釣れたの?」

K君「はい、でもなんか小さいかも。」

ライトに照らされたのは300gいくかどうかのリリースサイズ。

江木&K君「あっ…」 

抜き上げようとしたその時、足1本の掛かりが外れてポチャン。

K君「リリースサイズですから…ね。また釣ればいいし。」

ココでは外し無しのK君、余裕の発言。

江木「何で釣れたの?」

K君「ゼットに10gのノーズシンカー着けて底近くでタダ巻きです。」

江木「はい?」

K君「いや、あの、アオリがダメそうなんで細いの釣りたくて。細いのはタダ巻きがいいって聞いたんで底近くをタダ巻きしたくて重り着けて巻いていたら釣れました。」

・・・

この水深で10gのシンカーを着けて底に掛からないようにタダ巻きするのは結構なスピード。
水温下がって活性落ちて、普通ならよりスローに狙うところが真逆の釣方。
この男時に理解不能なことをやって釣る、実は恐ろしい存在なのだ。

K君のイカを折れた心の添え木に頑張ったもののその後は何事も起こらず。
夜明けを迎えて二人して力尽きる。

江木「とりあえず朝飯食って、夕方に備えて寝るべ。」

K君「ですね。でもなんか今日はこのままやっちまいそうな気がする…。」

そんな悪い流れを断ち切るべく、
すき家で朝からガッツリとトン汁納豆定食でドンブリ飯を食らう2人であった。

つづく
スポンサーサイト
2013-01-14 : 釣行記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

えぎのりお

Author:えぎのりお
先日風邪をひきました。
鼻をかんだら真っ黒な墨が出ました。
・・・うそです。
と言うくらいアオリが好きさ。
ああ、エギングが大好きさ。
でも気が付けばもう50なのさ w

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。