FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

世界一をかけて その1

ライトルアーゲーム世界一を決める

WWLCワールドチャンピオンシップ決勝ラウンド。 

予選通過の精鋭33名が浅八丸の受付に続々と集合。

朝


本戦は全員が同じ船に乗ってウデを競い合う。

世界一の称号はもちろんだが、その賞品がまたスゴイ。


来年一年間ライトルアー船無料パス。 


一年間、何回乗ってもタダ。


一便、二便、三便と

一日に3回乗ってもタダ。



もちろん毎日乗ってもタダ。 


このパスさえあれば、もし万が一明日あなたがリストラされても

とりあえず一年間は釣った魚で食いつなぐことが出来るという

中年サラリーマンには垂涎の素晴しい賞品がもらえるのだ。 


座席は公平に抽選。

もちろん魚種によっては船のどこに座るかで差が出ることもあるから

朝の座席抽選からすでに闘いは始まっている。

狙うはミヨシか大ドモ。


普段は正月しか神前に手を合わせることが無いにもかかわらず、

この時とばかり神に祈りを捧げた釣人は少なくないはずだ。


江木「どうか今回もミヨシが取れますように…」 


スタッフ「はい、ここですね。」

思い切り胴中。 


でも隣が今回唯一の女性アングラーだから良しとするか。 

そもそも世界一になろうと言う者が座席ごときでうろたえてどうする。 

挨拶を交わしつつさりげなく両隣のタックルをチェック。


右隣はロング系のジグに大型のフック装着。


(イナワラサイズ狙いの本気タックルだな。)

左隣の女性アングラーは小~中青物用に60gほどのジグタックルと

シイラ用にポッパーを着けたヘビータックルの二本立て。

(ムムさすが予選通過者。この釣ガールもかなりデキルな。)  


予選のときは朝イチにシイラ狙いだった。

ルールは予選と同じく釣った魚3匹の合計重量勝負。

対象魚の中で最も重量が稼げる大型のシイラは間違いなくカギとなる。

開始早々のスレていない状態のうちに、群れの中の大型に食わせるために

まずは鉄板のレッドペッパーマグナムをシイラ狙いのロッドにセット。


ところがいざ出港して船の進む方向はどう見てもジギング場。

しかもトリヤマ絡み。


(おっと、ジギングからの展開か。)


即座にジギングタックルに持ち替えて

定番OD60gのピンクシルバーを装着。 

魚探にはいい反応が出ているようだがなかなか当たらず。


ちなみに今回はなんと即席のDJブースが船上に作られ、

MCが解説しながらリアルタイムの動画が

USTREAMにオンエアされるという趣向。


MC「おっと、いまミヨシの○○さんのロッドが大きくしなったー!」

てな調子でマイクで叫ぶから皆いやでもあおられる。 


やがて状況が悪いなりにもポツリポツリと釣れ始めた。


(ヤバイ、今日は一日このペースだとしたら型の良いサバを

早い時間に3本揃えないと勝てないぞ…。)


江木「今日はしょっぱなから厳しいですねぇ。」

釣ガ「本当、ぜんぜんアタリ無ーい。」


聞けばこの釣ガールさんギャルなルックスとは裏腹に、

ついこのまえ新島でショアから125cmのシイラを仕留めたのだとか。 


そんな話をしながらシャクッていると彼女の左隣の参加者にヒット。

釣ガ「あっ、来た!」

続いて釣ガールにヒット。

おっ、ラッシュ突入? 

直ぐにマイロッドにもアタリ。 

ビシっ! ビビビビビビーー。

この引きはサバだな。

でも何か走り方が変だなぁ…。 


参「うわ、ヤバイ」

釣ガ「キャーなにこれー」

江木「マジ…!?」


サバは掛かると右に左に走り回る。

3匹のサバが迷走し、

3人の仕掛けが浅草のサンバカーニバル級に派手にオマツリ。 


最初に上がってきた参加者のサバは残念ながら水面でバイバイ。

釣ガールのサバは無事ランディング。

(貴重なサバ、バレるなよぉ)

内心ドキドキでラインを手で手繰り、

リーダーを掴んでなんとか抜き上げ成功。


よかったぁ、これでなんとか検量できるぞ。 

その後は再びアタリがパッタリ。

ふと見ると右隣の参加者はジグのアシストフックに

小さなワームのトレーラーを付けている。





そうか。その手があったか。

MCのアナウンスによれば、先に釣れていた魚が小型のシコを吐いたとか。

ベイトサイズが小さいから60gサイズのジグへの反応が悪いのか?


そこでいざと言うときのために用意したPDLワームの

シャッドシェイプワームをフックに装着。

必殺

アラバマ風


アラバマ風ジグ。 

この後リアにももう1本追加して、

ジグとあわせて全部で4匹のシコの群れを演出。


はい。

わたくし勝負のためなら

手段は問いませんがなにか?



でもここまでしても意に反して

いくらシャクれど全く当たらず。 


ヤバイ。 

すでに半分以上の時間が過ぎている。

このまま終わってしまうのか?


つづく。


スポンサーサイト
2012-09-09 : 釣行記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

えぎのりお

Author:えぎのりお
先日風邪をひきました。
鼻をかんだら真っ黒な墨が出ました。
・・・うそです。
と言うくらいアオリが好きさ。
ああ、エギングが大好きさ。
でも気が付けばもう50なのさ w

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。