FC2ブログ

アオリイカシンポジウム

21日、土曜日。
休日出勤で、夜10時半を回るころやっと家にたどり着いた。
そこから諸々支度をして午前1時にはO君を迎えに行かねばならない。 

何とかわずかながらも1時間弱の仮眠を取っていざ出発。

そしてO君と二人きりで400キロ弱のラブラブロングドライブ。 

アオリイカシンポジウムのためなら
こんなロングドライブもぜ~んぜん苦にならない…
はずがない。やっぱりツライのだ。

なにせ4泊5日の出張明け。
散々運転した夜からまたロングドライブはさすがに50の体には応えたぜ。 

シンポジウム

それでも翌朝無事に会場に着いて受付して中に入るとそこここに知った顔。
著名なアングラーからエギを販売する各メーカーの開発者やらテスターさんやら。

「お、来てましたか…」的な挨拶があちこちで交わされる。

やっぱりみんなアオリイカのエギングが好きでたまらないのね。
そりゃそうだよね、アオリイカの研究者たちの日頃の研究成果がタダで聴けるんだから。 

分類

講義はアオリイカの分類と生活地理の話から始まり、
さまざまな生態的な話はもちろん、水揚げしたアオリイカの漁業価値を落とさないための鮮度管理の方法、餌木の歴史や形態的な分類、実際にアオリイカの養殖を授業に取り入れている高校の話しや博物館での展示についてまで、本当に様々な角度から見た研究成果が発表された。 

それぞれの講義の後には質問時間が取られ、
それこそ日頃感じていた疑問を何でも聞けると言う至れり尽くせりの内容。

ただ惜しいのは一人の先生の持ち時間が20分と短い事。
ほぼ研究の概要だけで時間いっぱいになってしまい、
核心の部分をもっと掘り下げて聞きたいと思った人は多いだろう。

先生方も日頃の大学関連の人間とは違う釣人たちの反応や質問が新鮮な様子だった。

もしどこかの居酒屋で先生たちを囲んでアオリイカ飲み会を開けたなら、双方から熱い話しが切れることなく飛び出して、きっと朝まで飲んでも時間が足りないことだろう。 

イカと言う生物でこれほど人々が熱くなれるのは、
やはりアオリイカが不思議な魔力をもつからに相違ない。 

ちなみに聴講者からの質問で圧倒的に多かったのは、
やはり釣りに直結する生態的な話し。
各メーカーの人たちも何か新しい商品開発のヒントになりそうな事を探して、
次から次へと質問が出ていた。

そんな中でいくつか釣りの参考になりそうな話しをいくつか。

Q.イカに色は見えているのか?

色覚

A.色覚は吸収波長の異なる視物質を2種類以上もつことで得られるが、アオリイカの場合は視物質は一つしかないので人と同じように色として認識はしていないだろうと思われる。つまりよく言われるようにモノトーンに見えているのではないか。ただ人間が認識できる階調の何十倍も細かく認識できるためわずかな濃淡差による階調の違いとして色の違いを認識していると思われる。
つまりオレンジやブルーとしては見えないが色の違いはある程度識別していると考えられるので、色による反応の違いも有りうると言う事。
合わせてイカの目には近紫外線領域までを感知する。ケイムラ塗料は必ずしも紫色としてではないかもしれないが、何か光る物としてその存在を感知していると考えられる。

Q.アオリイカは味匂いを感じるのか?

A.タコでは具体的な検証データがあるが、残念ながらアオリイカに関してはまだ正確に研究はなされていないらしい。味や匂いの付いたエギなんてのも存在しているが、どこまで効果的かは未知数と言うことか。

Q.アオリイカは音を感知するのか?

聴覚

A.400~1500ヘルツの音を感知できるらしい。ただ具体的にどんな音に対してどのように行動を取るかについては言及はなかった。今後の研究まちか。

Q.エギにスレる=学習する?

A.事象についてある程度学習はするが、最近の釣場のように一日に何度もエギが目の前を通過したりハリに掛かったりという経験があれば当然何がしかの学習をするはず。ただその記憶がどのくらい持続するかは不明。

Q.資源保護には親イカと子イカどっちを保護する方が効果的?

A.アオリイカは本質的に南方系のイカなので卵から稚仔期の環境、特に水温(他に塩分、台風の有無など)が生残や成長に大きな影響を及ぼし資源量を左右する重要な要素になっている。どちらかと言えば子イカの乱獲を自粛したほうが資源維持には効果的。

Q.アオリイカをキープするときは〆たほうが良い?

A.いわゆる透明感のある、白濁しない状態をより長く維持したいなら即殺後に10℃で保存するのが良い。

などなど。

個人的にはアカイカとシロイカの生態的な違いを具体的に知りたかったのだけど、アカイカに関しての研究データがまだほとんど無い様子。 

研究の結果はほとんどシロイカでのデータらしい。

ただある教授が、以前水深30mくらいのところでアカイカの集団が産卵しているところを確認したと話していた。釣人の間ではアカイカはシロイカよりもよりディープレンジで生活すると言われるが、まさにその通りだったと言うことだろう。

大型のアカイカの研究が進んで、いずれ行動特性が解明されたら面白いのになぁ。

ちなみにシロイカの漁獲データからは、あたりまえではあるけれどいわゆる朝マヅメ、夕マヅメで摂餌行動が活発になるというデータが出ていた。また、食べた餌を完全に消化するまでおおよそ5~6時間かかるとのこと。

仲間内では朝マヅメのあとは10時~11時、あるいは15時くらいにもうひと山食いがたつことがあると言う通説があるんだけど、朝5時に満腹になったあとに消化時間を考えるとちょうどそのくらいのタイミングだからおもわず納得。 

そんなこんなで夕方までみっちりアオリイカな一日が終わって近くのビジネスホテルに宿泊。

江木「明日どうするかね。なんかこっちの釣場はこの前の台風の影響もあってかぜんぜんダメみたいだね。」 

O君「帰りは東名だから沼津あたりで下りてやってきますか?」

これだけアオリイカの話を聞かされれば当然釣りたくもなると言うモノ。

江木「今の時期なら手前から戸田あたりまで流せばどっかで釣れるんじゃね?」

O君「江戸の敵を長崎で討つじゃなくて、三重の仇を沼津で討つだな。」 

ただのエギング、どこをどうすると仇討ちになるのかその思考が良く分からないが、
とりあえず翌日は沼津へ。

昼から

江之浦

夕方6時まで

戸田

あちらこちらと釣り歩き。
けっこう真剣にやったんだけどね。

結果は2人そろって見事に 「ボ」 

O君「江戸の敵を長崎で討つつもりが返り討ちだよこれじゃ。」 

結論。

「色々な研究成果を聞いて勉強しても、

ウデが伴わなければアオリイカは釣れないのダ。」



スポンサーサイト
2013-09-28 : イカ師の日常 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

忘れ物?いや、物忘れ。

週末の釣り物は何にしようか…。

9月も半ば、そろそろ各所のアオリイカの様子見に行くか。
それとも弓角でソーダをやっつけに行くか。
そろそろ浅八丸ライトルアー船の青物のも気になる。

色々とネットでチェックすると浅八丸、なんと最近カンパチが釣れている。
もちろんショゴサイズだが、お刺身にはちょうど良さげな大きさ。

「カンパチ食いてぇ…。」 

でライトルアー船に決定。
さて、早めに支度をとルアーやら何やらをガサゴソ。

「あれ?リールが見当たらないな。どこへ仕舞ったっけ。」 

押入れやら、車の中やらそれらしきところを探すが見当たらない。

「おかしいなぁ…。」 

年をとると困ったものである。
片付けるのはいいが、どこに仕舞いこんだか忘れてしまうアレである。

「とりあえず先にロッドを用意するか。」

ガサゴソ。

「あれ?ロッドも見当たらない。おかしいなぁ…。」 

しばし冷静に記憶をたどってみる。

この前のはワカサギ釣りだからタックル使ってないし。
最後に使ったのは…ブログを見返すと、
前回タックルを使ったのは8月25日の日曜日。
浅八丸でペンペンシイラを釣ったあの時。

「釣が終わって、バッカンやらクーラーボックスを車に入れて…。」


あ゛っ! 


店の前の竿立てに洗ったロッド立てたまま!?
しかもロッドとリール2セット!!
あの時はすっかり積んだ気になっていたが、
どう考えてもあそこに忘れたとしか考えられない。



江木「す、すみません。この前そちらのライトルアー船に乗った時に、タックル2本そのまま忘れてきてしまったようなんですけど…。」 

スタッフさん「少々お待ちください。…あ、お預かりしてますね。」

江木「良かったぁ。すみません週末そちらに釣りに行きますんでそれまでお預かりお願いできますか?」

スタッフさん「いいですよ。」

江木「お手数かけます。どうもすみませ~ん。」 


当日、無事にタックルをピックアップしてそのままライトルアー船へ。

結果は

釣果

カンパチは釣れなかったけど、とりあえず晩のおかずバッチリ。 

アレをしようと思いながら、途中で別のことを始めると最初にしようと思っていたことがスコーんと頭から抜けてしまうことって有るよねぇ。 

えっ?無い?

いやいや、大丈夫。いずれあなたにもわかる時がくるからね。

いやぁ、歳は取りたくないもんだ。 
2013-09-16 : 釣行記 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

いつかきっと…

王といえば頂点である。

大いなる海の王。

いや、海賊王ゴールドロジャーとかではなくてね。 

その強大なる力で深海帝国の王に君臨する者。


ダイオウイカ


ダイオウイカ。

同長だけで1.5m。全長約6m。

カッケェー。 


クラーケンと呼ばれて恐れられる怪物。
海賊ジャック・スパロウも食われてしまった巨大イカ。

かつて18mを超える固体も発見されたとか。


釣りてぇぇぇぇぇぇええ! 


水深650m付近で撮影されたことがあると言うから、
エギを650m沈めてシャクれる道具が必要だな。
エギのサイズも最低でも1mはないとダメだろうな。
PEラインの伸び率は約5%って聞いたことがあるから、
650mラインを出すと竿で引っ張っても約32mの伸びか。
これじゃいくら引っ張ってもエギ動かないな。
そもそも650mの水圧に耐えられるエギがないぞ。 


ちなみにお土産コーナーに鎮座する

ダイオウ6m

6m、リアルサイズのダイオウイカぬいぐるみ。

ほ、欲しい…  

お値段見てびっくり。

20万円

にっ にじゅうまんえん!  

さすがお値段も大王級だぜ。


深海



深海展。

イカ師の冒険心を掻き立てる展示だったぜ。 
2013-09-08 : イカ師の日常 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

たまには

ワカサギが食べたい…。

夏の終わりのこの時期。

イカには中途半端な今の時期の旬と言えばやはりワカサギだろう。

ワカサギと言うとよく映像で氷上の穴釣りがクローズアップされるので真冬の魚と思われがちだが、こと箱根芦ノ湖ではワカサギはこの時期が一番。

餌を付けずにカラバリと呼ばれる色バリだけで簡単に大漁が味わえ、
サイズもかき揚げサイズの新子から年越しの塩焼きサイズまで色々釣れるのだ。

岸寄りの浅場には大抵新子。沖の深場は食べ応えのある大型と、
慣れてくればある程度釣り分けも出来る。
なにより芦ノ湖のワカサギはわずかにほろ苦く味が良い。

毎年、皇室に献上される箱根の名物である事からもその美味しさが解ろうと言うもの。

毎年この時期になるとサックリと揚げた芦ノ湖のワカサギの味が恋しくなる。

予定が合わなかったり、なんやかんやでかれこれ三年ほど遠ざかっていた。でも今年は爆釣しているとの話しを聞いていても立ってもいられず、いつもの相棒O君とともに久しぶりの芦ノ湖へ。

ボートはいつもの湖尻のおおばボートさんへ。

釣行日は8月31日。
予約時に聞いた話しでは今日までは夏時間で朝5時から出船できるとか。

O君「この前来た知り合いが朝9時までが勝負だって。夏時間で良かったっすねー。」

江木「確かに朝イチは食いがたつからね。」

道中それだけで盛り上がる二人。

予定通り4時半に現場に着き舟に乗り込み支度開始。

O君「もうだいぶ日の出が遅くなりましたねぇ。」

江木「アレ?いけねぇガイドにラインが通ってないや。」

5時前と言えば夜明け前のまだ薄暗い時間。

釣竿に糸を通して仕掛けを作る。
ふだん明るい時間帯ならわけもないこの動作。
が、薄暗いなか老眼の進んだ2人には全くうまく行かない。

何度も失敗してはやり直し。
時計をみればすでに5時10分。
それでもまだ悪戦苦闘する二人。 

江木「やっと一組できたけどもう5時回ったぞ。やべぇ、せっかく早出できる夏時間が、これじゃ全く意味なしだ。」

O君「えっ江木さんもう出来たんですか?オレまだ一組もできてないんですけど。」

結局すっかり明るくなってから出船した二人。

しかもこの日はまるでトトロの猫バスが走り抜けたかのような強風が頻繁に吹き抜ける荒天。 

荒天1

せっかく苦労して二本の竿を用意したにも関わらず、強風下で操船しながらでは一本の竿での釣りが精一杯。

ワカサギは通り過ぎる群れからいかに沢山抜くかが勝負。
当然ながら一本竿より倍の二本竿で仕掛けを投入すればチャンスは二倍。

せっかく見えない目を擦りながら二本用意したのに一本しか使えないなんて。 

それでもなんとか拾い釣りして数を重ねる。 

O君「おかしいなぁ。おんなじタイミングで仕掛け落としてるのになんで江木さんばっかり釣れるんだろ?」

確かにO君、私の半分以下の釣れっぷり。 

江木「仕掛けの違いじゃね?キラキラ付いてる仕掛けが食いがいいとか?」

O君「よし、仕掛け変えるべ。」

強風の中で糸を結んだり仕掛けの針をほぐすのは骨の折れる作業。

いつもの倍以上の時間がかかる。 

仕掛けを変え、釣れないとまた仕掛けを変え…。
せっかく群れが来ても仕掛けの交換中。
何回群れの通過を逃しているのだろう。
おそらく釣果の差はすでに倍以上。 

江木「なんか仕掛けの結び変えばっかりで明らかに釣りしてる時間短くね?」 

O君「でも江木さん明らかにつれ方が違うんだもん。絶対に仕掛けの違いでしょ。」 

江木「オレも仕掛けの違う竿を交互につかったけどあんまり違いが出なかったけどなぁ。しかも魚探の位置はそっちだから魚の群れはそっち寄りを通過してるはずだし。」

O君「んん…」 

江木「あ、それラインの色。その黄色い色がダメなんじゃね?」 

O君「そうかなぁ。まあでも試しにリール変えてみるか。」

透明な糸に変えたO君、とたんにアタリが出始める。

江木「やっぱり糸の色なんじゃね?釣れるようになったから。」 

O君「そうかも知れませんねぇ。今までの仕掛け交換でロスした時間はなんだったんだ…。」 

2人で釣りをしている時、2人とも釣れなければ魚が居ないと言う事になる。
しかし片方ばかりが釣れているときは疑心暗鬼にかられ、
色々と試しだし結果さらに自滅の道を突き進んでしまう。

釣人の心理とはそう言うものなのである。  

それにしてもあっちから来たと思えば次の瞬間には真逆の方角から

びゅおぉぉぉぉぉおぉぉぉぉ。 

相変わらず猫バスが往復で通り過ぎる湖面。 

せっかくワカサギの群れを見つけても舟をまともに止められず、
ポツポツとは釣れるものの思い通りの釣ができない。 

他の釣り舟が一艘また一艘と諦めて帰っていく。

江木「O君どうする?時間いっぱいの5時まで頑張る?」

O君「あたりまえじゃないっすか!このまま引き下がれないっすよ。」 

同船者に妙に対抗意識を燃やしてどんどん深みにはまっていく。

これもまた釣人の悪いクセなのである。 

そして数時間。
強風はますます激しくなる。 。

江木「アレ?あの舟も帰るね。もうオレ達以外あと二艘しか居なくなっちまったな。」

O君「こうなったらどっちが最後まで残るか根競べですね。」 

もはや互いの釣果を競うどころか他の船との我慢べになっているO君。

今日は夜8時からまたしても自治会の集まりがあるから片付けを考えると4時半がタイムリミット。

互いに上がりの一匹を釣ったところで撤収。
残りの舟もほぼ同時に帰港。
チキンレースは互角の勝負。

おおばスタッフ「どうでした?」

江木「いや厳しかったねぇ。他はどう?」

おおばスタッフ「ローボートの方で1人で1.4kg釣った人が居ましたよ。」

O君「Mさんでしょ?知り合いなんですよ。やっぱり釣ってたかぁ。」 

ちなみに計量してみると、私890g。O君500g。

890g.jpg

湖上で何度かMさんに途中経過を聞いていたO君、またしても悔しそう。

500gと言えば一度には食べきれない量である。
しかも別に大会に参加しているわけでもないのだから十分な釣果なのだ。
それでも他人よりも1gでも多く釣らないと気がすまない。

釣人とはなんとも難儀な生き物なのである。 

から揚げ

でもとれとれのワカサギの美味しいから揚げを、
好きなだけ食べられるのは釣人だけの特権なのである。 

2013-09-03 : 釣行記 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

えぎのりお

Author:えぎのりお
先日風邪をひきました。
鼻をかんだら真っ黒な墨が出ました。
・・・うそです。
と言うくらいアオリが好きさ。
ああ、エギングが大好きさ。
でも気が付けばもう50なのさ w

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード