FC2ブログ

釣り人とは

木曜日。

「今週末のご予定は?

いつもの相棒O君からほぼ毎週、週の半ばになると届く
これまたいつもの出撃予定確認のメール。

キレイなおねいさんからのお誘いならば毎週どころか
毎日でもウエルカムなのだが相手はただのイカ好きな中年オヤジ。

O君よ、まったく他にやることないんかい? 

と、他人のことを言える立場ではないのだが…。

そういえばこのところバタバタで
イカ釣りももうずいぶんと行けていない&釣ってない。 

もろもろのイベント事もやっと終わり、
久しぶりに落ち着いた週末。
あちらこちらでナイスサイズのイカが釣れ出している話も多い中、
出撃しない理由はない。 

なにせ久しぶりの出撃。
ネットでの水温確認はもちろんだが最近の釣果情報を、
下田在住の頼れる後輩に聞く。

ちょっと前~最近で良かった場所を何箇所か教えてもらい、
諸々の要素とあわせて当日回るプランを練る。

今回は伊東あたりから入って様子を見つつ、下田あたりでしめくくり…。


「が」


そんなプランは前日の予報で脆くも崩れる。
おいおい、日中北東の風で最大9mってどういうことよ。 

1箇所目。
ダメもとで様子を見に行った伊東地区は予報通りの強風、
波高も高くて釣りにならず。 
あっけなく予定変更。

予定をすべてリセットして、イチから組み立てなおす。

2箇所目。
沼津地区のメジャーな港。
西側は釣りはできるがそれでも風は思ったよりも強い。

前々回来たときにいい感じの墨跡が複数ついていたところだけど
残念ながらイカさんからの反応なし。

3箇所目。
青い熱帯系の小魚も見えてすっかり水中の春を感じさせる。
入れ違いで帰っていった先行者が
500gくらいのチェイスがあったといっていたが我々には反応なし。

O君「いやぁ厳しいっすね。やべぇデコったらどうしよう。」 

早くも泣き言を言い出すO君。

毎度の事ながら現場に着くまではイケイケノリなのだが、
釣れない時間とともにどんどん弱気になり、
最後は泣きながら帰る。
そしてその痛手をすっかり忘れてしまうのか
また水曜日か木曜日になると出撃確認の、メールが来るのである。
釣り人とは、なんとも悲しい生き物なのである。 

4箇所目。
繋留船のブイロープが複雑に入るポイントを慎重に攻める。
潮の流れを考慮しつつ、エギをできるだけロープにタイトに通して、
そこから付いてきたイカを次の誘いでその気にさせてフォールで…


「ツッ!」 


「ビシッ!」


あまりに久しぶりのアタリに思わずビックリアワセ。
ユルめに設定したドラグをあわてて締めてリールを巻く。


グイーン、グイーン…。


キ・キ・キ・キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

いやあ、なんと久しぶりの感触。 


20130330 870g♀


870g。

キロには遠く及ばないものの、
しばらく忘れていた釣カンを思い出させてくれるには十分な1パイ。 

その後並びのポイントで子イカとおぼしきアタリが一回あるも乗らず。

同行者に釣られたプレッシャーで
ますます迷宮に入り込むO君。 

江木「お昼でも食べて、気分変えるかね。」
O君「そうしましょう。いやぁ甘くないねぇ。」

5箇所目。
とりあえず腹を満たして次はO君得意のポイントへ。
私は離れたところで再びブイ周り狙い。
一時間ほどやるもアタリなし。
O君に電話を入れる。

江木「ぼちぼち移動しようか。そっちはどう?」
O君「近くでやってた人が朝イチにここで1700g取ったって。」

聞けばその人はカゴ釣の片手間に、100円エギで適当にやってたら
釣れちゃったらしい。 

可愛そうに。
朝イチから来ていたらそのイカは君のものだったかもねぇ。
釣ってのはそんなもの。
腕よりタイミング次第なんだよね。

ここでイヤな流れを断ち切るべく、気分を変えて大きく移動。

6箇所目。
珍しくエギンガーもヤエン師もゼロ。
つまりここ最近は釣れていないってこと。

でも春先のこの時期はいつ釣れ出すか分からない。
ひょっとしたら最初のひと山に当たるかも?!

かも…

かも…

1時間後。

O君「いやぁ、やっぱりオレなんかには当たらないんだよぉ。」 

江木「最後にもう一箇所だけやろうか。南、ムラっけはあるけど最近釣れてるみたいだから。」

途中晩飯を食べて再び気持ちをリセットして一路南へ。
時刻は8時過ぎ。

ビュォォオオオ。


江木「あれ?予報だとこの時間はもう少し風止んでるはずなんだけどなぁ。」
江木「まあ島の影になるところは風裏になるから大丈夫だよ。」

堤防の上には何箇所かまだ生乾きの墨跡。
きっと夕方に釣れたのだろう。
イカは間違いなくこの場所に寄っている。
事前情報では下げ止まりの前、三分くらいが一番いいらしい。
勝負はこれから。10~11時くらいが時合いか。

再びヤル気になったO君とともに
ひたすらキャストを繰り返しながらその時を待つ。







江木「お疲れさん。厳しかったねぇ今日も。」
O君「もう伊豆にはオレに釣れるイカなんて居ないんですよぉ!」

南伊豆からの帰路は約2時間半。
釣れない時の帰り道はいつもよりも遠くて長い。

午前1事半。O君宅到着。

江木「お疲れさんでした。忘れ物とか大丈夫?」

O君「ありがとうございました。

で、来週はどうします?


はい?

朝8時から夜11時まで投げ倒して、
アタリも無しの完全「ボ」で痛い目に遭った事を、
さっきまであれほどへこんでいた事を、

この男はすでに忘れている!!!

江木「来週は土曜日に自治会の集まりがあるから行けるとしても日曜日かな。」

O君「了解でーす。そしたらまた週中にでもメールしますね。


くどいようだが、

釣り人とは悲しい生き物(と書いてアホと読む)なのである。



本日のヒットエギ
アオリQゼット3.5号 マーブルオレンジ

ヒットエギ
スポンサーサイト
2013-03-31 : 釣行記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

準備中

種子島へ


さて、恒例の種子島遠征。

来月中旬に出撃予定。 
まずは入念に準備中。

いつもニアミスばかりだからね。

今年こそは…。 
2013-03-20 : イカ師の日常 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

「心・技・体」

出張の連続やらなにやら、やたらと忙しく

週末も仕事や野暮用でふと気が付けば

一ヶ月以上も出撃していないことに気づく。  

正直、疲れがどんどんと溜まって

釣りに行く気力さえも萎えてきている自分にハッとする。

異常事態だ…

やっと少し落ち着いた週末。

1人でぶらりと出撃。 

水温も上がり、気温も暖か。

ゆえに釣場の混雑は必至。


今日は所用で夜7時には家に帰り着かなければならない。

確実に釣るなら寝ずに移動して場所取りして朝マヅメ勝負か。

でもさすがに残業続きで疲労蓄積の体にはキツい。 

わずかでも寝てから4時に起きて出発。


東側のいつもの場所はこの時間なら間違いなく満員御礼。

たまは西側へと様子見に。 

一箇所目。二箇所目とも全くノー感じ。

墨跡すらない。

が、これはまずまず予想通り。

ある意味消去方の確認みたいなもの。 


三箇所目。

ヤエン師の方多数。

当然そこここに

墨跡1
墨跡2
墨跡3
墨跡4

まださほど日の経っていない墨跡が。 

やっぱりここか。 

まずは堤防外側のブレイク沿いを数投。

異常なし!

隣でアジを泳がせているお兄さん。

江木「こんにちは。アタリあります?」

お兄さん「朝イチ、キロアップが来たんですけど、糸が切れてバレちゃいました。でも明るくなってからはダメですね。」

江木「そうですか。ありがとうございます。」


まだデイタイムには少々厳しいのかな。
今度は港内側のブレイク沿いへ。

ふと見ると10mほど先のヤエン師のおじいちゃんにアタリ。


江木「おっ来ましたね。」

爺「うん?おぉでも小さいかなぁ。100gかぁ?」 


いやいやおじいさん、

その竿の曲がりはどう見ても100gってことは無いでしょう。

そもそもあなた顔がニヤけてますけど…。

明らかに謙遜するおじいさん。


隣のヤエン師もネットを持って駆け寄る。

江木「けっこういい型じゃないんですか?」

爺「んんん、300?400?くらいかね。まだまだのサイズかな。」 


いやいやおじいさん、

その竿の曲がりは最低でも500~600はあるんじゃね?

てか、ますます顔がニヤけてますけど。


やがて薄っすらとイカが見えてきた。

予想通り目測600g強。 

爺「ん?まあまあいいサイズか。身長にヤリトリするかな。」


急におじいさん慎重になって、無事にネットイン。

超ニコニコ顔でビニール袋に入れて大事そうにクーラーへ。

その後さらに隣のヤエン師のアジが噛まれるが、

エギにはまったく触らず。 


夕方から夜ならかなり期待できそうなんだけどなぁ。

でも夜7時までに帰ることを考えるとそれはムリ。

まあ次回のための下調べと思えばこれもよし。


四箇所目。

メジナ狙いの餌の人が多くて入る場所なし。 


途中の道すがらふと見ると富士山が空中に浮いているように見える。

天空の富士1


後ろを通った観光客の集団が、

「あっ、ラピュタみたい!」

「おぉぉっ、本当だ!」 

って感動の声を上げる。


五箇所目。

ここは本日二つ目の本命場。

予想通りここにも複数の墨跡。


ブイ周りをピンポイントで狙う。

一ヶ月以上の久しぶりながら、

今日は朝イチからキャストがバッチリ決まったし、

シャクリの感覚も悪くない。

潮の流れも感じるし。  


でも何かがしっくり来ない。

「ここなら日中でもでそうなもんだが…」

キャストしたエギがボトムに付くまでの間、

ぼーっとラインを眺めていると何かの拍子にふと、

色々な事が浮かぶ。

明日の自治会の事とか、仕事のこととかetc. 


「心・技・体」


スポーツでよく使われるこの言葉。

技だけでも、体力だけでもダメ。

心と技とそれを支える体のすべてがそろわなければ

満足な結果は出せないと言うアレ。


一ヶ月以上のブランクがあっても、

キャストやシャクリなんかの技術面での衰えは感じない。

でもこのところの度重なる残業と多忙で、

自分で思っている以上に体力的にも精神的にも弱ってるのかな。 

集中しているようで、どこか集中しきれていないこの感覚。

いかんね、まったく。


ふと沖を見ればブイの上にのどかに停まるカモメ。

のどかな日

こんな時はムリに釣ろうとせずにのんびりと昼寝でもするか。

ちょうど風も強くなってラインが安定しなくなったから

堤防で2時間ほどお昼寝して撤収。

しばらくぶりの海はすっかり春の予感。 
2013-03-10 : 釣行記 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

えぎのりお

Author:えぎのりお
先日風邪をひきました。
鼻をかんだら真っ黒な墨が出ました。
・・・うそです。
と言うくらいアオリが好きさ。
ああ、エギングが大好きさ。
でも気が付けばもう50なのさ w

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード