FC2ブログ

釣納め 2

朝

朝日というのは実に清清しく人々に希望をもたらす。

まだ潮があまり効いていないが、潮が流れ始めれば
きっと全員でアオリ釣って満足なお正月が迎えられる…。


しかし、そんな希望は開始から一時間で打ち砕かれた。


その後そよそよ吹いていた風が徐々に強まり。
あっと言う間に爆風。
海はダダ荒れ。 

ダダ荒れ

またしても天気予報に裏切られた。

ティップランの釣り方をご存知な方なら、
この爆風が何を意味するかお分かりになるだろう。

ティップランは、風や潮にまかせて船をそのまま流す
いわゆる「ドテラ流し」と言われる操船が基本の釣り方。

この風速でドテラで流せば船はあっという間に根の上を通り過ぎてしまう。
それどころかエギもカッ飛び底取りすらもままならない。
水深27mのポイントを攻めるのにも40gのエギを使わないと
まともに底すら分からない異常事態。

特にH嬢は今回が初めて。
波静かなうちに色々と基本動作は教えたものの、
経験のあるK君、O君ですらノー感じのダダ荒れの中では
まったくもって手も足も出ない。 
それでもめげずにロッドを振り続けたH嬢は大したものである。


釣れない

また、少しでも風裏になるエリアに船を回し、
絶妙なアクセルワークでこの爆風下でも
なんとか釣ができるように操船する船長の腕もすごい。
今回は小田原のもと明丸さんからの出船。
かなり意欲的で研究熱心な船長さんで頼もしい。


それにしても、奥様の実家で毎年行われる宴会に
なんとしてもイカを持っていかなければ。 

とっととアオリ釣って、
余裕でカワハギのはずがアサリの出番は当然無い。


ウエイトやカラーをローテーションし、
心折れずにひたすらエギを安定させることと竿先に集中する。

開始から約3時間。
水深30mちょいのポイントを流していた時、
ふいにティップが入り込む。

ビシッ!!!

スカッ!


うおあぁぁぁぁぁっ! 


今のは間違いなくアタリ。
それも今日、船中始めてのアタリ。


居る。


ヤツは間違いなくこの根に居る。



すぐさまラインをフリーにして再びエギを沈めて
同じように誘い、止める。

「クイッ。」

ふたたびわずかに入り込むティップ。


ビシッ!!!

ズンッ!


っしゃぁぁぁぁぁっ!

乗ったぁぁぁぁああああっ!



竿がかなり曲がり船長があわててネットを持ってくる。

距離が出ている上にガンガンに流れているから
重く感じるが、実際のサイズはそれほどでもない。

やっと1パイ

ヤマリヤDDスパイター40gを抱いたのは約300g。

サイズはチビだがこの状況でまさに搾り出した1パイは
久しぶりにシビレる1パイ。

無事に船内に抜き上げられて、やっと釣れたと船長も安堵した様子。

江木「まだ釣れるよここ。今のは二回目のアタリだったから他にも居そう。」

沈んでいた皆も一気に活性が上がる。

アタリエギをH嬢に渡し、同じようなアジ金カラーのアオリQゼットに
20gのノーズシンカーを着けて再び沈める。

2回ほど流し変えた時、再びティップが入り込む。

クイッ。

ビシッ!

スカッ!!!


くーーーーーっ。また空振り。


K君「えぇぇっ?また当たったんですか?何で江木さんばっかり?」

O君「何色?何グラムつかってるんすか?」

江木「40g のアジ金。」

H嬢「いや~私も釣りたい~。」


そしてしばしの沈黙。


幾つ目のポイントだったか。
底を取り、誘いを掛け、フリーにして再び沈めたエギの
落ちる速度が微妙に速くなった。

ん?

船の流れる速度が変わったわけでもないのに…
ラインを張って聞いてみると何かに掛かっている重さ。

根掛かり?

さらに引いてみると寄って来る。

ん?

んんん?


イカ?・・・ダっ。いかーーーっ。 


ゼット好調


約400g。
多分フォールの最中に抱いたんだろう。
恥ずかしながら抱いた瞬間が分からなかった。

K君「えぇぇっ?また釣れたんですか?何が違うんだ…?」

その後もう一回明確なアタリがあったものの、
一瞬重さを感じただけでバラシ。

これだけ荒れていると思っている以上に水中ではエギが安定していないから
イカも上手く抱ききれないのかもしれない。

再びH嬢にマンツーマンで指導していると、

「クイッ」

H嬢にもついにアタリが。

江木「あっ!」

H嬢「あっ…あぁぁ。」


でも残念ながら不慣れなH嬢はアタリに体の反応がついていかず
アワセきれなかった。 

K君「ヤバイ、なんで当たらないんだろ。このままじゃやっちまう。」

忘れたころにポツリとしか当たらない厳しい状況は変わらず。


O君「ん? おっ、キターっ。


その後しばらくしてモンゴウながらなんとかO君も「ボ」を逃れた。


K君「えええええっ、マジっすか?」


開始前からクーラーにイカが入っていたから最初は余裕でスタートのK君。
沖上がりの時間がジワジワと迫る中、
気が付けばアタリも無しで「ボ」の恐怖にビビりまくる事態に。

気の毒に思った船長が30分ほど延長してくれたものの、
私がゲソバイトでバラシただけでその後はだれも釣れず、
無念の終了。 


K君「マジでやっちまった・・・。
   船に乗らないほうが釣れるって・・・。」

そしてK君は泣きながら千葉へ。


O君「こんなんじゃ納まんねぇ。
   残業だ残業。飯食ったら残業いきましょ。」

O君、H嬢、私は遅い昼食を食べた後でショアエギングへ。

しかしその後夜9時半まで残業するも誰一人釣ることは無く、
三人で夜更けのラーメンを寂しくすすりつつ、
微妙~な釣果のままそれぞれの2012年の釣納めは終了したのだった。

さて、今年も色々なことがありましたが、
一年間しょうもない釣果のブログにお付き合いいただき
ありがとうございました。 

来年もぼちぼちと頑張りますのでよろしくお願いいたします。

それでは皆様、良いお年をお迎えくださいませ。

江木乗男
スポンサーサイト
2012-12-31 : 釣行記 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

釣納め

2012年もあと三日となった29日。

お約束の釣納めに行くべと。

どうせ行くなら誰だって確実に釣れる方がいいに決まっている。
と、なればやはり船で出るに限ると。
イカネタで船となれば昨年から始めたティップランだろうと。

乗り合い船の場合、最低出船人数がある。
またどうせなら大人数でワイワイやったほうが楽しいに決まっている。
で、声をかけた結果集まったメンツは私のほかに3名。

私の影響でイカ菌に汚染されてしまい、
たびたび当ブログにも登場するK君。
同じくイカ菌に汚染されてしまったH嬢。
いつもの地元の友達O君。

ん?・・・

まてよ。

もうお気づきの方もいるだろう。
そう。
前回全く機能しなかったメンツばかりじゃねーか!


当日の朝。
一抹の、いや多大なる不安を抱えてまずはO君宅へ。

O君「おはようございます!」

江木「お、今日はまともだな。」


次はH嬢宅。

H嬢「おはようございま~す。

O君・江木「おはよー。」

O君「お嬢、お荷物積みましょうか?」

この男、酔っていようがいまいが女子にはムダに優しい。


さて、港へ向かうとするか。
K君は現地集合。
何でも終わり次第すぐに帰っていらっしゃい命令がでているらしい。

でも前回寝坊ですっぽかしたK君。顔を見るまでは安心できない。
ま、仮にまた寝坊ですっぽかしでも船代だけはキッチリ払ってもらうけど。


K君「おはようございます。!」

港で支度していると後ろから元気な声。
良かった。
今日は大丈夫だったか。

江木「今回は大丈夫だったね。」

K君「はい。遅刻するといけないんで、早めに来て朝練習やってました。」

江木「朝練?」

K君「はい。とりあえず2つ。一つは小さいんでリリースしましたけど。」

見ればクーラーボックスにはすでに500~600gのアオリが一つ。
全くなんてヤツだ。
まあわざわざ千葉から来てるからとにかく釣したい気持ちも分かるけど。


そしてなんとか無事に出船。
今回は乗り合いにもかかわらず、
我々4人以外にはお客さんが居ない貸切状態。
よしよし。
ならば・・・。

今日はお正月宴会用のイカ確保命令がでている。 
イカだけではちと寂しいし、肝の張ったカワギもそろそろ食べたい。
イカをそこそこ釣ったらカワハギも狙うべく

アサリ

アサリを購入。
さらにイナワラでも釣れればラッキーとジギングロッドも忍ばせて。
気分は刺身船盛状態。

まずは本命のアオリ狙い。
朝の海は穏やか。

H嬢「いや~朝日がキレイで気持ちいい~

上機嫌でスマホで写真を撮るH嬢。

雨が予報よりも早く上がり、気持ちの良い朝日に全員期待がMAXに膨らむ。

朝

つづく
2012-12-30 : 釣行記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

メリークリスマス


改め。








え?












エッ!


















エギークリスマス!


エギークリスマス




日曜日、朝4時前に起きてお仕事。
当然土曜日のナイターなんてありえないから土日とも釣無し。
本日24日は奥様と両親連れてイルミ見学。

ま、クリスマスくらいはね。

家族と過ごさないとね。

でも今日は予報だと風も波もないんだよね。
中潮でよさげな感じだし。


どっかイカ釣れる海辺で派手にイルミやってる所は無いもんかね。

そうしたらもっと幸せなクリスマスになるのに…。
2012-12-24 : イカ師の日常 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

忘年会3

酔っ払いO君、H嬢、私の3人で何とかぶじに現場着。

ザザーーーン。ドッパーン! 

江木「アレ?」

H嬢「この前よりも波の音大きくないですか?」

O君「んんん、なんかずいぶんあれれるなぁ。」

天気予報によれば徐々に波は収まるはずだったのたが… 


江木「とりあえず着替えて堤防まで行ってみるべ。」


ザザーーン。ザザーン。ドッパン。

タイドはまだ上げ七分くらいか。

ときおり高めのウネリが押し寄せ水面がせり上がる。

波の様子を注意深く観察しながらキャスト&シャクリ。


開始から15分ほどたったところでついに堤防の高さを微妙に超えて、
わずかに浸水。


江木「ダメだ。撤収!」

O君「満潮になって流されないうちに上がりましょう!」


不慣れなH嬢も居ることだしここは早めに撤収&移動。

今は南西の風。

近場でウネリがよけられて、風もブロックできるのはあそこしかない。

温泉場Aへ速移動。


道すがら、酔っ払いのO君は爆睡。

次の場所に着いてもそのまま獏睡。


江木「おーい、着いたよ!」

O君「・・・」

何度起こしてもピクリともしない。

えええい、もういい!勝手にせい。


とりあえずH嬢をつれて堤防へ。

先行者一人いるものの話を聞いたがまったくダメな様子。

まあ潮止まりの時間だからしかたない。



30分ほどして潮が動き出す。

何投かののち、わずかにエギに違和感が。

「ビシッ!」

スカッ!

回収したエギには小さいながらイカの噛み跡。


で、O君を起こしてやろうと

トゥルルルルル、トゥルルルルル、トゥルルルル

「只今電話に出られません…」

ったくなしに来たんだか。


しばらくしてH嬢がなにやら抜き上げる。 

江木「何か釣れたの?」

H嬢「お友達が釣れましたー!」


お友達


ヘッドライトに照らされたのは根掛かっていたエギ。 


釣れねぇ…

その後まったくアタリなし。時間はすでに5時30分を回り、

間もなく空が薄っすらと白み始める。

そこへやっとO君登場。

O君「どうっすか?」

江木「アタリ1回合ったのみ。」

H嬢「私お友達釣りました~


空がうっすら明るくなった時、再びエギに微妙な違和感。



ビシッ!

ニューン、ニューン。


キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


ついに忘れかけていた生命反応。 


O君「先輩釣れたっすか?」

江木「うん?うーーん…うん。」










タコ



タコでしゅ。




水面から顔を出したタコを見た瞬間、

私は聞いた。

確かに聞いた。

プッツリ

と言う、

集中して張り詰めていた緊張の糸が切れる音を。


酔っ払いに翻弄され、天気予報に裏切られ、それでも頑張ったのに。

…敗。


DAY 2012.12.16 AM3:00-7:00 
中潮 
干潮AM0:00 PM12:20
満潮AM7:20 PM178:40
2012-12-19 : 釣行記 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

忘年会 2

さて、当日。

予定通り12時40分に起床して支度を済ませてO君宅へ。

これまた予定通り1時20分にO君宅に着。


しかーし!


O君の家には明かりが点いておらず、気配がない。

「到着!」

いつものように到着を知らせる を打つ。


・・・


5分ほど待つが返事が無い。

やっぱり。 

次は電話。コール音8回めくらいか。

O君 「はい?」

江木 「もしもし?着いたよ。」

O君 「あ、もう時間れすか?すぐ行きまヴ。」


待つ事15分。


O君 「あ゛~すんまえん。うっかり寝過ごしちまっれ〇×△*~。」

強烈なアルコール臭。  

やっぱり。

O君めっぽう酒好き。忘年会の飲みを早めに切り上げられるわけが無い。

江木 「酔って釣りして、また落ちても助けねぇからな。」

コヤツ過去に一度酔ったまま釣をしてテトラから入水した実績があるノダ。

O君 「あ゛~大丈夫れす。釣場に行けばもうバッチリれふ。〇×△*~。」


オマエなぁ、ぜんぜんろれつが回っとらんだろうが!!

O君 「いやぁ~きの~はまいりまひら。もうね〇×△*~。」

車が出てからはひたすらマイペースで、しかもろれつの回らない口で喋りまくる。

コヤツ普段からやたらとやかましいのだがろれつが回ってないから
なにを言っているのかさっぱり分からない。


O君「あ、先輩、情報がありまふ。なんか南のIとかNとかで、1300~1800でてるらひいんですよ。」

江木「いつの話よ?」

O君「いや、知り合いのしんらいできるやつなんれ、間違いはないれす。〇×△*~。」

勝手にしゃべり続けるから適当に相槌を打って聞き流す。



O君 「いやぁ~でもきの~はまいりまひら。もうね結局〇×△ってはなしれね〇×△*~。」

江木「その話さっきも聞いたよ。」


O君「あ、すいまれん。そうだ先輩、なんか南のIとかNとかで、1300~1800でてるらひいんですよ。知り合いのね〇×△*~。」

江木「それもさっき聞いた。」


O君「あ、すいまれん。そうだ今日投票日れすね。先輩、投票行くんれすか?…」

しばしわけのわからない話が続き、

O君「そうそう、昨日はもまいりましらよ〇×△*~。」

O君よ、その話はもう3クールめだ。 


O君「で、今日はどこ入るんれすか?なんか南のIとかNとかで、いいのがれてるって。
   1800?でてるらひいんですよ。知り合いのね〇×△*~。」


江木「その話もう5回目!!!」


壊れたテープレコーダーのように同じ話の繰り返し。


そうこうするうちにやっとH嬢宅に着いた。

江木「いやぁ、ごめんねコイツがおもいきり寝坊してね。」

H嬢「あ、大丈夫です。」

O君「おはようございふ。荷物おてつらいいたしまふ。」

言うが早いかさっと車を降りてH嬢の荷物を積み始めるO君。

ここまで下心が分かりやすい男も珍しい。


H嬢が乗り込んできてようやく話題が変わったが、
相変わらずろれつの回らないグダグダの話が延続く。

全く、忘年会に出るのはいいが後の事を考えて飲まんかい!


お、そういえばK君は今どのあたりだろうか。 


とりあえず電話してみる。


トゥルルルル、トゥルルルル、トゥルルルル…

運転中で出られないのか?

トゥルルルル、トゥルルルル、トゥルルルル…


K君「もしもし…。」


ん?電話口の様子がおかしい。電話口から聞こえるガサゴソ言う音。
どうも布団の中のような…

江木「もしもし?K君?今どの辺?」


K君「…す…すみません。起きられませんでした…。」

明らかに寝起きの声。

そういえば金曜の夜、会社の忘年会で一次会が終わったあとで、
意気揚々と二次会に向かうK君の後姿を見たっけ。
想像するに土曜は夜中まで飲み倒し、
寝不足のまま翌日のお遊戯会になだれ込み、
疲れが抜けずに寝坊したパターンか。


ゴルァッ!


ったくどいつもこいつも。 

つづく
2012-12-17 : 釣行記 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

忘年会 1

金曜日。

いよいよ忘年会のシーズン。

この日は夕方から会社の営業仲間の忘年会。
釣り好きの人間にとって金曜日に行われる忘年会はある意味酷である。

大抵の場合、月曜日の疲れを考えると釣行は土曜日。
土曜日早朝から釣りに行く場合、前夜のアルコールは当然NG。
飲みたくても飲めない。
ウーロン茶をひたすらお代わりしてはトイレに放出の繰り返しだ。 

中には翌朝3時起きで寝る時間が無いからと欠席する者も出かねない。

人間関係を取るのか、釣りをを取るのか。

忘年会シーズンはその釣人の
人間性が試されるシーズンでもあるのだ。


幸いこの時期のイカは幸い暗いうちが勝負。
私の場合、金曜の夜に深酒をしてもさすがに翌日の夕まづめには影響は無い。


江木「K君今週末は?土曜夕方からイカ行く?」

K君「う~んと、土曜日は子供のお遊戯会なんで…。
   芦ノ湖ラストチャンスなんで、自分は日曜日に芦ノ湖に行こうかと。」

江木「日曜の夜は予定入ってるなぁ。どっちみち土曜の夜は天気悪いし…。
   じゃあ日曜の早朝便でイカやってから芦ノ湖行けば?」

K君「いいっすねぇ。行きますか!」

江木「んじゃ朝3時にいつものトコ集合で。あ、ちょうどいいや
   H嬢も次のイカいつですか?って言ってたから連れて行くか。
   あとはいつものO君ね。」

K君イカ釣り参加決定。

ちなみにK君は前回の釣行時も芦ノ湖の前に早朝イカを狙い、キロ&300を捕っている。

江木 「H嬢も行く?」

H嬢 「あ…はい、お願いします。」

江木 「じゃあO君拾ってからだから2時に行くわ。」

H嬢もOK。

同じ会社だと話が早い。


あとは地元の友達のO君だ。

江木 「もしもし、あ、O君?日曜朝イチでイカ行く?」

O君 「自分土曜日忘年会なんすけど、そう言うことなら飲みは早めに切り上げますんで。」

江木 「了解。んじゃもう一人拾うから1時20分に迎えに行くわ。」

O君 「分かりました!よろしくお願いします!」


話はトントン拍子に決まった。

かに見えた。

その時は…。

つづく

2012-12-17 : 釣行記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

手も足も

出ない!

土曜日はアクアラインが通行止めになるほどの爆風&3m~4m近いウネリの予報。

日曜日も引き続き爆風と高いウネリは収まらず。

海の近くに住む友人に電話を入れるが当然のことながら

「来るだけムダだよ~」のアドバイス。

この天気じゃどうあがいても手も足も出ませんな。



「爆」とついて嬉しいのは「釣」と「乳」くらいなもんです。

折角の週末、強制自宅待機の二日間でございました。

みなさん来週頑張りましょう。

2012-12-08 : イカ師の日常 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

乗らない…

三連休は家族でお出かけしたから釣りはお休み。

ゆえに当然この週末土曜日は出撃。
いつもの近場へと。

しかしなぜか天気予報でこの時間はもう止んでいるはずの強風 & ウネリ

堤防に当たった波のしぶきでうっかりするとずぶ濡れになりかねない状況。

うわぁ、釣れなさそ~。。

まもなく夕まづめ。
予報の時間がずれ込んでいるが待てば収まるのか?
もし収まるなら今から風裏さがして動き回るのは得策とは言えない。

「うーむ…。」気分が乗らないがとりあえずダメもとで打ちながら、
様子を見るか。

堤防には僕ら意外にエギンガー1人とアジで浮き釣りの釣り人が4人ほど。
いずれも天候の回復を信じて…いや、願ってとりあえず竿を出している。

1時間、2時間と時間が過ぎで徐々に風が収まり、
同時に波のウネリも残ってはいるが釣ができる程度になってきた。

しかし相変わらずイカの気配が無い。 
「底荒れでダメか?」
諦めかけたその時にエサの浮きが消しこまれ、500gほどのアオリが上がる。

やっとイカが周ってきたのか!?
諦めムードの堤防にヤル気がみなぎる…が、後が続かず。

忘れたころにまたエサの浮きが引き込まれたもののこれはバラシ。
「今日は乗らないなぁ。イカの活性が低すぎるな。」
エサ師も嘆く。

しばらくして忘れたころに先端のエギンガーに1つ。

そんな調子でポツリ、ポツリとつれてはいるものの自分のエギにはアタリもなし。

潮の合わせ、カケ上がり沿いの潮の弛み、
底根に絡めるように、あるいは底値の上をかすめるように。
中層から表層まで、あらゆるタナや思いつく限りの場所を攻めてみるが
まったくアタリも無し。

先端の角でひたすらダダ粘りのお地蔵さんとなっていた同行のO君は
小さいながら300gくらいとリリースサイズの2つ。

「ダメだぁ。まったく見えない、ギブ。」

イカの乗らない釣行は、当然ながらブログを書く気分も乗らないノダ。

 
DAY 2012.12.1 
中潮 
干潮PM12:15
満潮AM7:02 PM17:35
2012-12-02 : 釣行記 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

えぎのりお

Author:えぎのりお
先日風邪をひきました。
鼻をかんだら真っ黒な墨が出ました。
・・・うそです。
と言うくらいアオリが好きさ。
ああ、エギングが大好きさ。
でも気が付けばもう50なのさ w

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード