FC2ブログ

北の海

これまたすっかりご無沙汰です。

先週、先々週と週末にイベントのお仕事で

すっかり釣場から遠ざかっております。 


さらに先週は北海道に出張。

札幌の某釣具店に行ったときのこと。

店頭の雑誌コーナーに信じられない記事の掲載された新聞を発見。


北海道のつり新聞


「あこがれのターゲット アオリイカ

道南に定着か!


どうやら函館方面などで秋のアオリが釣れていて、

それも200~400gが数つれているらしい。

関東の秋の釣れ方と変わらないほどの魚影の濃さをうかがわせる内容だ。 


今回の出張は札幌界隈のみ。

今年は春先にも大型の親イカも釣れていたらしい情報もあり、

いよいよ北海道のアオリも狙って釣れるほどになったのか?


うーーん、来春に一度でいいから

北海道のキロアップに挑戦してみたいもんだ。 
スポンサーサイト
2012-10-29 : イカ師の日常 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop

カン

「港に行ったら小さいエギでイレグイの男が居たんですよぉ。」

「な~に~。やっちまったなぁ~!男は黙って3.5号。男は黙って3.5号。」 

「でも結局180gしか釣れてないよぉ。」。」

クールポコのギャグばりに3.5号でミニサイズ1パイと言う
先週のふがいない状況を打破すべく、
もちろん今週も練習に出撃。 
 

おっさんになるといろいろな感覚が鈍るのが早く、
また戻るのに時間がかかるのだよ。


さて、日中の釣はラインの変化が見えるからとかく視覚に頼りがちとなる。
これが夜の釣となると頼りになるのは手に伝わる感覚のみ。

潮に引かれるエギの重さの変化やイカがエギに触れる感触etc.

夜の暗闇で視覚が閉ざされると、
おのずと他の感覚が研ぎ澄まされるようになる。 

だから私はスランプの時には釣のカンを取り戻すためにあえて夜釣りに行くのだ。


「先週の状況からすると、そろそろいつもの場所が釣れ出すのでは…」

タイドグラフでは16時頃が上げいっぱいで、
その後20時過ぎまで下げて潮が動く。

これまた長年のカンでポイントを選ぶ。

もちろんキッチリと水温などのデータを考慮しなければ釣れない時期もある。

でも自然相手の釣の場合、案外データからは読めない要素もあって
「なんとなく…」的なカンを頼りにした方が案外良かったりするもんだ。

夕方4時前に現場着。

予想通り青物狙いのカゴ師は居るが、先行のエギンガーさんは他には一人だけ。
青物も連れていない様子でしかも餌の小魚はいっぱい見える。

「この感じいいんじゃね?」

先行者に聞くと
「昨日も300くらいのが釣れたんで今日も来ました。」との事。
しかも他にも400、500くらいのが他にも釣れていたらしい。

予感的中か? 

日が落ち始めた時、まずは動向のO君がリリースサイズ。

先行者さんも300くらいのをゲット。

「やっぱりねぇ。」

初期のころはこの堤防は右側が比較的良い。
O君も先行者さんも右側。

でも私のポジションは堤防先端左側。
そうこうするうちにカゴ師の方が帰り、右側が空席に。

「よっしゃ!」

速攻で場所移動。
私が抜けた左カドには直ぐに別のエギンガーさんが入った。

その10分後私が抜けた後に入ったエギンガーさんが立て続けに
400~500のサイズを2ハイゲット。


「あららららら、それってもう少し粘ればオレに来てたんじゃ?」

カンが狂ったか…。


でも堤防右側は手に伝わる潮の効き具合が実に釣れそう。
と思いながら中層に跳ね上げたエギをゆっくりとステイさせたとたん

「グイッ!」

ビシッ!



20121013325g.jpg

18:27 325g

そして10分後。

「クイッ!」

ピシッ!



121013250g.jpg

18:37 推定250gリリース。

いよいよ時合い到来か!? 

完全に釣りカンが戻ってきたゼイ!!! 

そして次の1投。着底して1シャクリ、底を切ってから、
4回左右にチャカチャカと動かしてピタッととめると


「ジワッ。」

と押さえ込むアタリ。

「ビシッ!」

ギューン、ギューーン。

今までとは明らかに重さの違う引き。



20121013660g.jpg

18:40 660g

この時期のこのサイズは十分に納得。 

その後潮の流れが変わり、
ド遠投して沖の潮の流れを探してエギを潮に乗せると…

「クイッ!」

「ビシッ!」



20121013230g.jpg

推定200gちょいをリリース。

そして潮止まりになったし、おなかも減ったからここで終了。

多分次の潮の動き出しでも釣れそうだったけど、
きょうはもう十分。

やっぱり 「男は黙って3.5号!男は黙って3.5号!」


DAY 2012.10.13
中潮 
干潮AM9:00 PM21:40
満潮AM3:20 PM15:20

本日のヒットエギ 
アオリーQゼット3.5号 #13 レッドオレンジ
月の無い夜は赤テープの#13が効く。

ゼット3.5号#13
2012-10-14 : 釣行記 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

練習不足

土曜日、久しぶりの出撃。

いやあ、やっぱり海はいいね。


沼津


秋はやっぱり何かと子イカの隠れ場所の多い港周りが基本。

そんな中でも比較的水深のある場所には

子イカの中でもサイズのいいものが居るからね。

とりあえず今回は西側の定番の港まわりを転々と。


いやあ、それにしても人の多いこと。

どこに行っても入れ替わり立ち代り、

エギンガーがやってくる。


ほとんどの人が付けているエギは3号以下。

ま、秋だからね。

メインに釣れるイカのサイズを考えたらそれが正解。


でも私的にはこの時期だからこそ、あえての3.5号。

目標は500g以上。

悪くても400gくらいは出したいから、

おチビちゃんが手を出し難いサイズを使うのさ。 


行く先々で200gに満たないようなベビーたちが

ピックアップしようとする3.5号のエギの後ろを恐る恐る着いてくる。


「はいはい、オトナになったら遊ぼうね。」


サイトで小エギを使えばいくらでも釣れるだろうが、

狙いはちょい沖目のブイロープやアンカー。

そこに着くであろうお兄ちゃんサイズに的を絞ったブラインドの釣。


底をとって少し高めに跳ね上げ、

クイックにダートさせたエギをその場でストップ!


「クイッ!」 


パシッ!

スカッ!! 

あらら、空振り。

久しぶりのエギングで感覚が鈍ってるな。 



しばらくして再び「クイッ!」 

パシッ!

スカッ!! 

あらら、また空振り。 


その後も場所を変えて行く先々でアタリがあってもことごとく空振り。 
 
おそらくイカのサイズが小さい上に、

相当叩かれてかなりナーバスになっている様子。

まああれだけの人が入れ代わり攻めているわけだからねぇ。 



ようやくタイミングがあって乗せられたのは

180g.jpg

思いのほか小型の180gほどのベビーサイズ。

ブラインドの釣ではイカのサイズが見えないから

避けようが無いのは致し方ない。


かなり物足りないイカの引きだったけど、

優しく即座にリリース。


その後も何度かミスバイトをしてけっきょくこの1パイで終了。

うーむ。やはりブランクが影響してますな。

タックルを体になじませるのにもう一回くらいかかりそうな感じだな。 


DAY 2012.10.6
中潮 
干潮AM2:10 PM14:16
満潮AM8:52 PM19:49

本日のヒットエギ 
アオリーQ3.5号 ロデオチューン

ヒットエギ






2012-10-07 : 釣行記 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

しばし休憩中

ご無沙汰しております。

すみません。 

ここ何週間か毎週末なにかしらお仕事が入り、

すっかり放置状態でごめんなさい。 

せっかく取った今日の振り替え休みも

台風17号  のおかげで海況最悪。

自宅待機で充電中でございます。

とは言えぼちぼち本業のイカさんもトンカツサイズが出るころ。

来週あたりはそろそろシャクれるかな。

今日は一日おうちでタックルメンテしときましょ。 
2012-10-01 : イカ師の日常 : コメント : 6 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

えぎのりお

Author:えぎのりお
先日風邪をひきました。
鼻をかんだら真っ黒な墨が出ました。
・・・うそです。
と言うくらいアオリが好きさ。
ああ、エギングが大好きさ。
でも気が付けばもう50なのさ w

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード