FC2ブログ

「熱中症で○○人搬送」

そんなニュースが今日も流れる。 

連日の猛暑日ですが皆様お元気ですか?


先週は見事にイカさんにも青物にもフラれちまいましたからね。 

そうなると私のような器の小さい釣り人は、

やはり何であれ確実に釣れる釣りがしたくなるわけで。


色々と調べるもののネットの情報を見てもあまりいい話が無い。

そんな中、会社の後輩が二週間ほど前に西伊豆で50cm級のゴマサバ爆。

しかもイナダも一匹出た上に、ヤエンの人がイカも上げていたと。 


もちろん二週間もたてば状況が変わるのは承知のうえ。

でも他にあまりいい情報もないし、イカがだめでもあそこなら何かしら

青物も来るだろうから久しぶりにギュンギュンの引き味は味わえるか。 


ただし、釣れている時には当然ながら場所が埋まるのも早い。

しかも夏休みの人出も考えると金曜の夜中に寝ずに現場へ急行か。

まあ日中は暑くて人間が参っちまうから、

明け方3時から午前10時くらいまで楽しんでとっとと帰るパターンで。


2時過ぎに現場に入って、まずはエギングから。

ほどよく潮が効いている中、1時間ほどシャクるもアタリなし。 


その間に隣のエサ師が4本サイズのタチウオをポツリポツリ。

タチウオが上がるときにはイカはイマイチ釣れない。

ココは素直にタチ狙いにチェンジ。

グローのジグやらワームのダーティングやら手を変え品を変え…。

が釣れるのは隣のキビナゴのエサ師のみ。

そのうちに周りが薄明るくなる。


ヤベェ。また今週も「ボ」か!? 



ココは素直に青物にチェンジ。

まずは手堅く白の弓角引き。


沖合いにはイワシの群れがモゾモゾ。

やがて射程内にナブラが湧く。

速攻ビューン、グリグリグリ…

「オラオラーおまえらこの弓角食わんかい!!!」


ガツッン!!  
 

ギュギューーーン!!!! 


コレよコレ。

一年ぶりのギュギューーン。 


夏の風物詩。


ソーダ


ソーダガツオ。 

この日はマルソーダ5本のギュンギュンを堪能してキャッチ&リリース。


その昔「日本の夏、キンチョーの夏」なんてCMがあったけど、

私的には「日本の夏、ソーダの夏」なのだよ。


海の中もすっかり夏。 

ちょっと寂しいけどイカは秋までおあづけだな。






スポンサーサイト
2012-07-29 : 釣行記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

持っている男

イカシーズンもいよいよ終わり間際。

可能性としては南伊豆が高そうだけど、

残念ながら南方面は風速5~6の強風。 

近場でどこか…


たまたまそんな時に熱海海釣り公園施設の入場券が残っているのを発見。


チケット


平成18年って、6年も前から結局使わずじまいだったのか。 

熱海も遅い時期までキロちょいくらいの実績がある。

そろそろ青物も港内に入ってくるころだし。


熱海



開場は6時。

いい場所をとるためにAM3時過ぎに並んだかいあって

開場と同時に予定のポジションゲット。 


朝イチはイカ狙いで。

その後は潮の様子を見ながら、

ジグ、弓角、エギをローテーションしてイカと青物の両方をいただく… 


予定が、一向にアタリが無い。

終盤のイカはともかく、青物は専門に狙う餌のカゴ釣りの人達も

誰一人当たらず。


隣の白ギス狙いの人はコンスタントに釣っているのに

こちらは気配すら全くない。 


いや、諦めちゃいけない。

青物はいつ回遊してくるか分からない。 

潮の具合を見ながら根気よく弓角を投げては巻いているとついに


ゴンッ!


咄嗟にアワセた姿を見て隣のキス師が

「おっ、アタリましたね。」



グンッググググ…



それほど大きくはなさそうだがついに



キターーーーーーー



ーーーーー




キタマクラ


マクラぁ!? 





釣れないときのブログネタとしては確かに美味しい。

だけどなぜに中層を早巻きしている弓角にキタマクラ?

しかも背中の皮一枚の薄掛かり。 

普通に考えればありえない。


思えば私は釣れない釣行時にとんでもない物を釣ることが多い。

以前のブログにも書いたが、


タコそっくりの引き心地の「石」とか、

皆がサケを釣る中一人だけ「軍手」とか。

そのほかにも定番の「空き缶」や「クツ」etc.は言うに及ばず。

圧巻はその昔に千葉県の印旛沼でバス釣りしてた時に

葦際から釣れてきた「ダッチ〇イフ」。 


どれも狙って釣れるモノじゃない。

いや、これはもはや奇跡的レベル?


江木乗男はある意味持っている男なのかもしれない。


ちなみに今日は当然ながら「ボ」である。 
2012-07-22 : 釣行記 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

リハビリ

土曜日。

抜糸からほぼ2週間。

もうそろそろ通院卒業じゃね?

ってことで、

一向にフジツボの生える気配の無いケガの経過チェックで病院へ。 



江木「もうキズ自体は完全にくっついたんですよね?」

医 「そうですね。でもまだ新しい皮膚は弱いですから、
   強く圧迫したり何かにぶつけたりしないように注意してくださいね。
   念のためサポーターとかで保護しておくといいですね。」


さて、これをエギングの動作で考えた場合、

シャクる瞬間ロッドを握りこむとちょうどグリップがキズの位置に当たる。  



つまり


まずはサポーターをする。

ロッドを握る。


強く圧迫しないでください = 強くシャクらないでください

            ↓

ソフトに圧迫するには問題ない? = ソフトにシャクれば大丈夫?

            ↓

スローに誘う親イカの釣りにはソフトなシャクリが効く。

            ↓

親イカ狙いのエギングなら OK!!!


となる。


おっ、行けるじゃん。


でその日の午後に満を持して出撃。


2012 リハビリ1



久しぶりのキャスト。久しぶりのシャクり。

いやぁいいね。

普通に海でシャクれる事がこんなにも楽しいと感じたことはない。


そしてタイトにブイロープのキワを攻めた所でわずかにもたれる感触。

「ん?」

ピシッ!


グイーン、グイーン。

重さの感じからすると500gくらいか。

子イカなれど久しぶりの感触にワクワク。


ところが途中でロープに擦れる感触。

そして巻きつかれた。


それでもしばらく引っ張りっこしたものの、


フッと軽くなっちまった。


ここは水面下のロープが色々入ってるからねぇ。

しばらくぶりのアタリに少々カンが狂ったな。


2012 リハビリ2


腰の辺りに噛み痕を残したイカさん、

大人になったらまた遊ぼうね。


前日の大雨のニゴリの影響もあって、

結局この日はこの1バイトのみだったけど

なんか満足。 
2012-07-15 : 釣行記 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

準備中

最近すっかり放置ですみませ~ん。

この一週間は北海道に出張中でございました。

おかげさまで怪我の方も一週間ほど前に無事に抜糸。 

とは言ってもだまだ完全にくっついているわけではないので、

間違っても過激なシャクリなんぞしようものなら

たぶん振り出しへもどる~。 

よって週末はおうちで来るべき復活の日のために諸々準備中。


ところで皆さんはリールのハンドルが折れてしまった経験はあるだろうか?

怪我をするちょっと以前の話。

エギをシャクり上げ、リールのハンドルをポンと弾いてロッドを戻している時。


「ポロリッ。ちゃぽん!!」


何かが外れて海中に落ちた音がした。



???



あれっ、無い!! 


最初は何が落ちたのか全く分からなかったのだが、

リールを見るとハンドルが根元から無い。


ポロリッ! が歓迎されるのは「芸能人水着だらけの水泳大会」くらいなもの。

リールのハンドルがポロリは全くもっていただけない。 


しかもネジが外れたのではなく金属疲労でポッキリと。

綺麗に折れて再起不能。


まいったね。

ちなみにリールはトーナメントエアリティ。

ネットでパーツの価格を調べると純正品のシングルハンドルで


8,600円 


マジかよぉ。 

でもリールには大抵パーツが共用できる機種がある。

ダブルハンドルで共用できて安い機種のハンドルは… 


LEGARIS 2506W


なんとダブルハンドルで

2,500円ポッキリ!

いやポッキリはいかんな。

さっそく取り寄せて装着。


ハンドル装着


サイズバッチリ。 

ボディと色が少々異なるがそんな事は釣果には関係ないし。

以前のハンドルよりも若干重いが気になるほどではない。

なんでも調べてみるもんだね。

予備にもう1本買っとくかな。

さて、来週くらいには復活できるかな。  
2012-07-07 : 便利物etc. : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

えぎのりお

Author:えぎのりお
先日風邪をひきました。
鼻をかんだら真っ黒な墨が出ました。
・・・うそです。
と言うくらいアオリが好きさ。
ああ、エギングが大好きさ。
でも気が付けばもう50なのさ w

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード