FC2ブログ

Who are you? Where are you from?

「抜糸は早くても二週間。今回の傷は着き難そうですからもう少しかかりますかねぇ。」





と嘆いたところでどうにもならない。

ザックリやってから一週間後の経過診察は予想通りの結果だった。


ま、やっちまったモンはどうにもならんので、

おとなしく  でコレクションのエギの整理でもするか。

累々たるエギたちを眺めつつ整理していると、

だいぶ以前に手に入れた2本のエギが目に止まった。


エギ本体1


エギ本体2


形やカンナのタイプこそ異なるものの、木目地を生かしたクリア塗装。

おなかの部分には白い塗装。

どう見ても同じメーカー、ないしは作者が作ったと思われるのだが、

じつは2つは遠く離れた全く異なる場所、時期に入手した物。


錘の成型や仕上げの具合からして素人の作ではないと思うのだが。

木目模様や木の素地の光具合を利用する方法は、

昔の薩摩の焼きエギにも通じるものがある。


察するに九州の鹿児島辺りのどこかで作られたもの?

う~んわからん。 


すみませーん。

どなたかご存知の方がいたら、

このエギの作者ないしはメーカー、

産地など何でも良いので情報お願いしま~す。 
 


  
スポンサーサイト
2012-06-17 : エギもろもろ : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

ざっくりと

「ざっくりと」


と言う言葉。


ご存知の通り下に来る言葉次第で色々な意味になる。

「ざっくりと」した生地

とか、

「ざっくりと」した着こなし

なんてのはオシャレ~な感じだし。 


「ざっくりと」した議論 や

「ざっくりと」した話し合い

なんてのは仕事してる風だね。 


これが

「ざっくりと」切る とか 「ざっくりと」ハサミを入れる

なんてなるとやや危ない感じになり、 


「ざっくりと」割れた傷口

となるともうスプラッターなのである。 


で、

kega.jpg


とても傷口はお見せできるものではないが、

7針ほど。 



それは休日出勤の振り替え休日で、

平日の空いた釣場でデカイカ三昧と思った矢先の出来事。


足場の低いテトラで釣りをしてる時のこと。

立てかけた玉網が何かの拍子で転がってトプン。 

しばらくは浮いているし手がすぐ届くところだったから

さっと手を伸ばして網を掴もうと…


そこにたまたま波が来て網が5cmほど横にズレて。

さらに手を伸ばした瞬間にバランスを崩して体ごとドブンッ! 


焦ってとっさに手をついたのが悪かった。

水から上がって手に激痛。

テトラに着いたカキやらフジツボやらの貝で

まさに


「ザックリと」。  



通いなれた釣場。

けっしてむちゃな場所ではないのだが。

人間なんの拍子に大ケガをするか分からないものである。


もちろん自動膨張のライジャケを着ていたから、

直ぐに膨らんで安心して這い上がったけど。

ハードな磯場ではなく普通の堤防とテトラだから

フルカバーのグローブなんてモチロンしていない。


何事も油断は禁物。

危険はどこに潜んでいるか分からない。

改めて肝に命じさせていただきました。


よりによって右手。

数週間はロッドが握れそうもない。

今年のデカイカシーズン終わっちゃうよぉぉぉぉぉ。 

2012-06-08 : 釣行記 : コメント : 6 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

えぎのりお

Author:えぎのりお
先日風邪をひきました。
鼻をかんだら真っ黒な墨が出ました。
・・・うそです。
と言うくらいアオリが好きさ。
ああ、エギングが大好きさ。
でも気が付けばもう50なのさ w

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード