FC2ブログ

捨てる神あれば拾う神あり

よりスローに、よりタイトに…


釣り人たるもの釣れない時ほど

じっくり丁寧に、となって行く。


もっとボトムギリギリを這うようにとか、

ケイソンの角に生えるカジメ林ギリギリにとか。


そしてそんな時に限って



ガツッ!!



と根掛かり。



この日もすでに2本をロスト。

二週間ぶりのエギングに感覚がなかなか戻らないのもあるが、

8時間もやって全くアタリすら無い上に立て続けにロストは凹む。 



そろそろ切り上げ時か…

と思った矢先にわずかにティップにもたれる感触。



ビシッ!



ぐぃーっ。





海草とも違う重みだがなんか引かない。

モンゴウにしても引かなすぎ。

でも海草とは明らかに違う重み。









ikka.jpg




なんとアオリーQゼット君が

友達を3人も連れてきた。

しかもエース2本とアオQ1本。

すべてゼットと同郷のデュエルってのが笑える。


イカならぬ、一荷。


まさに捨てる神あれば拾う神あり。

2本ロストで3本ゲット。

しかし残念ながらそのまま使える状態ではなかったので、

リメイク好きの同行者O君にプレゼント。


その後さらに一時間。



夜中の12時過ぎ、開始から9時間、まさに心折れかけたころ


「にゅん!」


ビシッ!


くいーん、くいーん。



20111126280♂




なんとか300g弱を一つリリース。



隣で釣っていた先行者いわく


「昨日も来てたんですけど、昨日はキロがらみ含めて

堤防全体で結構上がってましたよ。

サイズはまちまちだけど、みんな一人1~2ハイは

釣ってたんじゃないかな。」


よくある名言。 



昨日は良かったんだけどねぇ… 



か。 


疲労完敗の先週土曜日。 











スポンサーサイト
2011-11-28 : 釣行記 : コメント : 6 : トラックバック : 0
Pagetop

行事

家庭を持つと何かと忙しいものである。

世のお父さんたちは誰しもそう感じているに違いない。

子供が小さい内は育児や家事の手伝い。

子供が大きくなると今度は高齢になっていく両親の手伝い。 


とりわけ誕生日や結婚記念日等の行事は大事な存在である。

そんな時は家族そろって食事やケーキなんぞで祝うわけだが、

平日は子供も大学や専門学校に通い、妻も仕事となれば

家族全員がそろうのは当然、土日に限られるのである。


で、


土曜が出勤… 

となると、

そういった行事は当然の事ながら日曜日に執り行われるわけであり、



その週末はもちろん釣には行けないのである。 



いや、



こういった行事が嫌いなわけではない。

むしろ家族の誕生日を祝うのは心から嬉しい事であり、

さまざまな記念日を祝うのは

かけがえの無い思い出となるのだが…


釣に行けなくなるのも寂しいのである。

50才も間近になると、


あと何回釣に行けるのか?


とか、


行けなかったその日が、爆釣日だったらどうしよう…


とか、

ついそんな煩悩に悩まされてしまうのである。 


そして釣に行けない週末を過ごすと、

悶々とした思いが次第に大きくなり、

店頭でそれが爆発すると

つい衝動買いをしてしまうである。 


そしてふと気が付くと手元には



キーストン



ジンゴ ロケッティア・ホバーロック



キーストン エギバイブⅡ



ロケッティア・ホバーロックは、

ブースターフロートシステムで

エギの飛距離に革命をもたらしたロケッティアが、

さらにシンカーを重心移動にしてしまったと言う。

いったいどんだけ飛ばせば気が済むんだよ、

オイッ 


と思わず突っ込みたくなるエギ。


方やエギバイブⅡはタダ巻きだけでも

そのバイブレーションが生み出す波動で

岩陰や藻の中に居るイカにもアピールできるという

これまた斬新な発想のエギ。 


しかもエギバイブ


と言うくらいだから実は第一作がある。

それがキーストン エギバイブ!

コレだ。



エギバイブ



んん…そのまんまですが。

一作目はアジ型のいかにもバイブレーションな形だが

第二段はよりシャープにエギっぽく進化?


キーストンは発泡素材ボディが特徴の職人気質のメーカーで

私的にはとても好きなメーカーの一つだ。

だがイカにバイブって…どうなんだろうか。 


いや、


先入観は釣人の目を濁らせ、真実から目を逸らせてしまう。

まずは疑うことを止めて使ってみなければ真実は見えてこない。


そんな時はまずは一緒にお風呂に入って裸の付き合いだ。 

お互いのすべてをさらけ出して語り合えば

きっと分かり合えるはず…。

明日の夜、いっしょにお風呂に入ろうね。
2011-11-21 : エギもろもろ : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

相性

物事には相性というものがある。

人との相性はもちろん。

釣りの場合なら

道具との相性や

釣場との相性。

船に乗ればその船の流し方や

攻めるポイントとの相性。


そもそも相性とはその釣り人自身に起因するもの。

どうも苦手とか、イマイチ合わないと言うのは、

その釣り人が自分のやり方にしっくりこない… 

と感じるからに他ならない。


ちなみに豊富な引き出しをもって、

それら外的な要因に上手く合わせてしまうことができるのが

いわゆるベテランアングラーと呼ばれる人たち。

(そんなレベルになるにはあと何年かかるやら…。) 



ゆえに私レベルの釣り人では、自分の腕を棚の上の方に上げて

「どうも相性 (=腕) が悪い」 の一言を

得てして釣れない時の言い訳に使ってしまうのである。 





さて、土曜日。


今回は初めての船宿でディープエギング。期待度50%と不安度50%。

どんなポイントを攻めるのかは出船してみないと分からない。



潮の速さや狙う深さ、風の強さで使いやすいエギの重さが変わるから、

初めての釣場ではエギのウエイトも25g~40gと色々欲しくなる。

明るめな色と暗めな色も用意して…

とかなると結構な数が必要になってしまう。



そこで便利なのがヤマリアのエギ王DDシンカー。

コレがまたアオリーQゼットとは


相性バッチリ! 



DD+Z.jpg



取り付けてみるとよく分かるが、

それ用に作ったのかと思うほど本当にピッタリ。

5g、10g、15gと用意しておけば、ゼット本体が20g

だから25g、30g、35gと大抵の場所はカバーできるようになる。




当日は水深20m前後からスタートして、

イカを探しながら船長の実績場をめぐる。

時に15mの浅場から27mくらいのディープまで狙ったから

DDシンカー+アオリーQゼットが便利だったよ。 







結果は330gアオリ一つと400gのモンゴウ一つ。

20111112アオリ+モンゴウ



ちなみに竿頭は700gくらいろを交えてアオリ7ハイに

モンゴウ2ハイとか。 
 


初めての釣場とは言えこの差は


・・・


やっぱり相性の問題かね。 



DAY 2011.11.12 AM6:00~PM13:00
大潮 
干潮AM11:16 PM23:43
満潮AM5:55 PM16:47

本日のヒットエギ 
アオリーQゼット3.5号 #08 アジゴールド+DDシンカー
スクイッドシーカー3.5号 #08 MH PU/赤

20111112ヒットエギ


2011-11-13 : 釣行記 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

進化


ディープ1


スパイラル釣法とかティップランエギングとか、

今まで通常のエギングでは手の出せなかった沖合いの

ディープレンジのアオリを釣るテクニックがずいぶんと確立されてきた。 

わたくしも遅ればせながら去年の暮れからぼちぼちと楽しんでいる。


竿先の微妙な振れアタリを取る面白さはこの釣りならでは。 

そしてこの二年ほどの間に、より深場を快適に釣ることを目指して

各社様々なエギの開発に力を注ぎ、

色々な形や40g、50gなんて重たいエギも登場してきた。 


ディープ2


どこまで行くのか…

どこへ行くのか…

またまたエギの進化が面白い感じになってきた。 


そろそろまたディープエギング行ってみるかな。 




2011-11-05 : エギもろもろ : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

えぎのりお

Author:えぎのりお
先日風邪をひきました。
鼻をかんだら真っ黒な墨が出ました。
・・・うそです。
と言うくらいアオリが好きさ。
ああ、エギングが大好きさ。
でも気が付けばもう50なのさ w

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード