FC2ブログ

珍品

先日面白い餌木を手に入れた。

和歌山県は田辺市で20~30年ほど前に販売されていたと言う。

鯛型の餌木。



鯛エギ




愛らしい表情もさることながら、まさに鯛のような体型。

さて、これの何が珍品なのか。

いや、確かに大分型全盛の現代にあって、

この鯛のような形をしている時点ですでに珍品ともいえるのだが…


まずこのような平たい体高のある形状の餌木が現役で使用されているのは

限られた知識ながら私の知るところでは以前ご紹介した種子島などの薩南地域の離島。




種子島エギ比較





それが遠く離れた和歌山県は田辺市でつい20年ほと前まで作られ

流通していたということが不思議なのだ。



昔の資料によればエギは薩南諸島から鹿児島、そして日本各地へと広まって行ったとか。

でも和歌山でこのような体高のある形状のエギがあると言う話しは初めて聞いた。

(僕が知らなかっただけですが。)

薩南の離島から伝播したものがこの地に定着したのか?

それとも全くのオリジナルとしてこの地で独自に作られ始めたのか?



謎だ…



しかもこのエギのカンナはいわゆる外洋系の曳きエギの特徴と言える半傘の三段針。

通常の外洋系のエギは下の写真のように水の抵抗を少なくするような直線的な形状で、

鼻先もとがっている形状が一般的。



外洋引型



一方この餌木、見るからに曳き抵抗の強いこの形状にもかかわらずカンナは外洋系の曳き型の形状と同じ。



鯛エギカンナ




謎だ…




さらに。

この鯛型の餌木の背中に生えている「背ビレ」。




鯛エギ背ボロ




これは「背ボロ」と言って江戸期から明治初期の薩摩餌木に多く見られる特徴。



クロイオ型背ボロ


細イオ型背ボロ




そして明治中期から以後は廃れてしまい、「背ビレ」の着いた餌木は姿を消したはず。


もちろん取り付け方の手法は異なるものの、

餌木の背中に「背ビレ」を着けるというこの発想。

この地に伝承した遠い昔からそのまま継承されたものなのか?

それともこのエギを作った職人さんが独自に始めたものなのか?



謎だ!



ちよっと代わった形のエギ。

この中に隠れている様々な謎と疑問。

残念ながらすでに作者の職人さんはもう廃業されているとか。

この餌木の作者に話を聞きたかったなぁ…。

数々の疑問を、謎を、解き明かしてみたかったなぁ…。


残念


あのね、餌木 (あえて漢字で書くけどね) って日本の文化だと思うのね。

遠い昔に松明の燃え残りを抱いたイカをみた漁師が考案してから各地に伝播して。

それがまた職人さんたちによってその地にあった形に独特の進化をして。


惜しいのはその職人さんたちが廃業したり亡くなったりして行くうちに

次第にその餌木たちもこの世の中から姿を消していってしまう事。

時代とともにその技術が失われていってしまうこと。


残念無念。


だから僕は色々な餌木を集めているのデス。

まだまだ地方には僕の知らないご当地型の餌木がいっぱいあるに違いない。


面白い餌木の情報があったら

ぜひ教えてくださいな。





スポンサーサイト
2011-08-23 : エギもろもろ : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

釣りガール

このところすっかり青物づいております。

青物の釣りはどこかバス釣りのクランクやバイブの巻物の釣りに似て

ブーンと投げて、グリグリ巻いて、ガツンでギュイーン。 

この単純明快なのが気持ちいーーのだよ。 


二週続けて行った沼津界隈はソーダランド状態で異様に魚影が濃いものの、

ほぼ全てマルソーダ。 


同じ釣るなら刺身で美味しくいただけるヒラソーダが欲しいところ。

で午前中だけ時間が出来たから今回はヒラソーダ狙いに。

今回は信頼できるスジの情報を元にヒラソーダ確実な場所へ。

ここでは掛かればほぼ80%ヒラソーダだと。 


当然ながら人気の釣場でカゴ師の人も多いからね。

釣れるのは7時過ぎからだろうけど、3時半には現地入りして場所を確保。


お隣のカゴ師の人とダベリつつキャストしつつその時を待つ。

ジグ&角の場合、カゴ釣りの人とはキャストのタイミングや

間合いが違うから、できれば一声掛けてから入りたい。


上手なカゴの人ならお互いの間合いとかをちゃんと考えながら仕掛けを流してくれるし。

もちろんこちらもキャストする方向のコントロールは完璧にして、

無用なトラブルを避けてお互い気持ちよく釣りをするための努力を最大限にするのが基本。 


やがて明るくなり、7時を回ったところでカゴ師に最初のアタリ。

上がってきたのはもちろんヒラソーダ。

いるいる。 

と思っていた矢先に竿先を引っ手繰るアタリがゴンッ!

フッ あちゃぁ、抜けた~ 

まあ、また当たるでしょ。


で30分ほどしたところでゴン!

ヒラソーダ


ヒラソ来たーーーー! 


いやぁ情報どおりやね。

ところが次に来たのはマルソ


さらにその次もマルソ。 


…?

アレ? 

ここってマル20% ヒラ80%じゃなかったっけ?


前々から分かっている事だが、江木乗男はクジ運ならぬ釣り運が悪い。

以前のサケ釣りでも川のベストなラインを流した時でさえ

同行の友人は確実にサケを掛けたのに私にはなぜか軍手

新種のサケ


魚ならまだしも手袋ってどうよ? 


グリグリグリ… ゴンッ!


次は…まさかねぇ…。

不安は取り越し苦労に終わった。


やったーヒラソ~♪


でもまだ確立は50%


そんな一喜一憂を繰り返している時、となりのカゴ師がつぶやいた。

「あっ、釣りガールだ。」

その視線の先を見ると珍しく女性だけで釣りに来ている2人組み。

しかも所作や釣っている場所を見るとどう見ても若葉マーク。 

(いいね。頑張れ~!)

と心の中でそっと応援する。


周りの釣り師たちもなんとなく気になってチラ見しながらも

見てみぬふり。

男の釣り師はみな意外とシャイなのです。 


そんな釣りガールたちが根掛りしたらしくロッドをあおっている。

(あああ、そんなにあおったら折れちゃうよぉ) 

その場の誰もが同じことを考えていたに違いない。

が、

誰も手を貸すそぶりが無い。



「あの娘たち困っているのはわかるけど、ここでい

そいそと手を貸しに行くとなんかそれをきっかけに

ナンパしているように見られそうだしなぁ。」



みな口には出さないものの明らかにそんな空気が流れている。


分かる。

分かるぞぉその気持ち。

でもマジであの娘たち困ってんぞ。 


しかたない。ここは江木乗男がみなに代わって助けてあげるか。


(いや、マジでナンパとか、変な下心とか無いから

オレ)



心の中で言い訳する私もシャイな釣り人です。 


2人組みの釣りガール、何を思ったか

釣りガ 「こうなったらハサミの出動だね。」

江木 「えっ、ちょっとまってよ。手元で糸を切ると長いままで水中で残るでしょうんぬんかんぬん…」

根掛りの対処のイロハを一応教えて外してあげる。


釣りガ 「すみませーん。ありがとうございました。」

江木 「頑張ってねー」


みなホッとしながらもなんとなく「コイツが行ったか」的な周りの微妙な空気。


まあいいか。再び釣り開始。しばらくしてまた一本ヒラソ追加。 

群れが来たのかまわりのカゴ師も連発。

このタイミングは逃せないぜ。 


しかーし。


ふと視線を投げかけたさっきの釣りガールたちがまた根掛りと格闘している。


(あらら、またやっちゃったのね。さっき外し方教えたのになぁ…)

でも今はゴメン。時合いなんだよぉぉぉ。


ゴン! フッ…


あぁぁっ、バレたぁ 

く~っ、いつまでも根掛りと格闘する2人が気になって釣りに集中できねぇ。 


しょうがない。手伝いに行くか。


(いやいや、ホントにナンパとか、変な下心とか

無いからオレ)



またしても回りを気遣い心の中で言い訳しながら救出に向かう。


江木 「また引っかかっちゃったの?」

釣りガ 「すみませーーん。」

江木 「こう言うときはね、うんぬんかんぬん…」

釣りガ 「すみませーん。ありがとうございました。」

江木 「次は自分で外してねー」


再び釣り開始。しばらくしてまた一本ヒラソ追加。 

またしても群れが来たのかたのかまわりのカゴ師も連発。

さっきは中途半端だったけど今度こそこのタイミングは外せないぜ。 



しかーし。


ふと視線を投げかけたさっきの釣りガールたちがまたまた根掛りと格闘している。


(おーい、またやっちゃったの?たのむよぉ…) 


周りの釣り人はもう完全に無視して釣りに集中している。


(気の毒だけど、お兄ちゃんまた面倒みてあげて

ね。乗りかかった船ってことで。)



みな言葉には出さないが、そんな空気がひしひしと伝わる。

それを感じながら釣りが続けられるわけが無い。 


江木 「大丈夫?今度のはかなり手強そうだね。」

釣りガ 「本当に何度もすみませーん。」


さすがに回収不可能な本気の根掛りで仕掛けがプチン。

江木 「ごめんね、これはさすがにはずれなかったよ。」

釣りガ 「いえいいんです。本当にすみません。」 


やたらと恐縮の釣りガールがちょっと気の毒だったけど、

とりあえず新しい仕掛けを着けて投げてたから大丈夫かな。


釣りガ 「これ、良かったら飲んでください。」


お礼に500mlのペットボトルの飲み物をいただいた。


江木 「別にいいのに、悪いね逆に。ありがとう。」


(おいおい、アイツなんかいい雰囲気になってね?)

周りの釣り人の空気がなんとなく痛い…


(いや、コレはただのお礼の品だから。別にオレ連絡先とかなんも聞いてないし。)

またしても自問自答状態で心の中でかってに言い訳。


やがて2人の釣りガールは

「他の港に行ってみます。色々ありがとうございました。」

と丁寧にお礼を述べて移動していった。

(手は掛かったけどいい娘たちだったな。頑張れ~!) 



そしてふたたび男たちだけになって、何事も無かったかのようにみな釣りに没頭するオッサンたち。



その後1本バラしたところでタイムアップとなって本日のゲーム終了。

結果は朝7時から11時の間で9バイト6ソーダ。

マル2 + ヒラ4 + 500mlドリンク1本ゲット。 


いつもながら釣場ではいろんなことが起きるもんだな。

わずか半日だけど何か濃い~い釣りだったよ。 














2011-08-18 : 釣行記 : コメント : 6 : トラックバック : 0
Pagetop

おかわりっ!

西湘は大磯の浜ではピチピチの  が湧いているらしい

いや、西湘は大磯のサーフではピチピチとワカシやソーダが湧いているらしい。

それこそナブラ出まくりとか。

そして土曜日に出撃。


ソーダは先週イレパクしたからね。

今回はワカシ狙いでジグ & 角。


前回大磯に来たのは一年以上前か。

朝4時に駐車場が開くが、すでに車が10台ほど並び待ち。

もちろん全部釣り人。

人が多いって事は釣れているってこと。 


案の定すでに浜には何人もがスタンバイ。

こちらも慌てて場所を確保してタックルセッティング。 


薄明るくなるといよいよサーフ全体にヤル気がみなぎる。


大磯サーフの朝


サーフは広大な海に思いっきりのフルキャスト感が気持ちがいいね。 

ナブラが出るのはもっと明るくなってから。

でも全員待ちきれずがとりあえずキャストしながら様子見。

こちらも隣のオジさんとだべりつつ、キャストしつつ。


よく来ると言うオジさんは何でも前回はそこらじゅうナブラだらけで

もうまさに入れ食いだったらしい。 


やがて太陽も昇っていつナブラが出てもいい状況に。

さらに回りの人たちもキャストに力が入る。

時刻は6時を過ぎて、そろそろ7時をまわるころ。


江木「そろそろですかね?」

オジさん「んんんん、いつもならこのくらいから出るんだけどな。」


やがてオジさん①のとなりにオジさんの友達のもうひとり別のオジさん②登場。

しばらく角を投げて気配がないと見るや、キスの投げ釣りに転向。

20cm超えのキスをパタパタと釣り上げた。


オジさん②「お、今日はキスが近いな」

オジさん①「なんだよ今日はキスかぁ?オレがキスの支度してくると青物で

青物の支度してくるとキスだなぁ。」


江木「今日はキスの仕掛け持ってきてないんですか?」

オジさん①「そう。」

江木「ってことは今日はナブラは…」 

オジさん①「まあ9時までに出なかったら厳しいかな。

10時くらいまでは可能性あるけど熱さで体がもたねぇからな。」


結局オジさん①の予言どおり、ナブラは遠く離れたところで一回出ただけ。



おいおい、ハナシが違うじゃねーか。

最近ボコ釣れしてるって聞いたからわざわざ来たのに。

こちとら普段より高い820円の夏季駐車料金まで払ってるのに

顔すら拝ませてもらえねぇってのはいったいどう言う了見でぃ。


「一見さんお断り」ってか? 


てやんでい。 

もういい。

釣場はここだけじゃねーんだ。

大磯ワカシビーチがダメなら、

沼津のソーダランドで遊ぶから。 

ベーーーだっ! 


しばし休憩してから一時間も走れば沼津に行ける。

途中でゆっくり昼飯食って、

午後2時くらいからでも静浦なら十分釣れるはず。



現場に着くと午前のイレグイがひと段落して、

暑さにメゲた人たちが帰ったあとだから釣場もすいている。

とりあえず鉄板の白の弓角をビューン!

グリグリグリッ…


ゴンッ!


ギューーン!



マルソーダ角白

一投目からコレだよコレ。

やっぱ沼津のソーダランドはサービスがいいやね。

その後もアタリは衰えを見せず、

相変わらずのイレパク 

次々とキャッチ&リリースを繰り返していたら隣のオジさんが

「もったいないなぁ、お兄ちゃん全部 捨てる の?」

江木「マルソーダはいらないんで」

(てか、捨ててるんじゃなくて 逃がしてる んですけど…)

オジさん「じゃあ釣れたらくれる?全部もって帰るからさ。」

江木「いいですよ。」


オジさん今、 全部 持って帰るって言いましたね。

いいんですね本当に。  ( ̄ ー ̄☆)


そしてキャスト&ゴンッ!

江木「釣れましたよ~♪」

オジさん「えっ?もう釣れたの?すまないねぇ。」


さらに数投でゴンッ!


江木「はいっおかわりっ!」


オジさん「おっ、わるいねぇ。」


ふっ、江木乗男をナメてもらっちゃこまるな。

こんなモンじゃないぜ。


ソーダ百裂拳! 


はいよっ、

はいよっ、

はいよっ…

次から次に

ワンコそばのおかわり状態で釣れるたびにオジさんへプレゼント。

オジさんは貰ったソーダの下処理で、

本業のカゴ釣りの餌付けもままならない様子。 


かれこれ10本以上さしあげたところでこちらもそろそろ飽きてきた。

(今日はこれくらいで勘弁してやるか。)( ̄ ー ̄)


それにしても、なぜか今回ジグがほとんど振るわず、角にアタリが集中した。


あとでオジさんがさばいていた魚の胃の中を見せてもらって納得。

5cm行かないくらいの細身の小魚を食っていた。

なるほど、これじゃジグではシルエットが合わないわけだ。

しかも夕暮れに近づくにつれてタナが微妙に深くなったり、

角の色も時間とともに白色は食わなくなってハデな蛍光ピンクにアタリが偏ったり

マルソーダ角ピンク


と、改めて角の威力と奥深さを再認識したよ。

漁具、恐るべし。

今回の使用ルアーは前回同様なので省略させていただきます。 
2011-08-17 : 釣行記 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

アジング

伊豆半島の付け根、沼津の某所。

老若男女、

誰がやっても2秒もあればアジが釣れると言う

すばらしい釣場に連れて行ってもらった。 




ホントかよ? 




って、思うでしょ?






ほれっ






淡島アジ





両親を連れての旅行の途中で立ち寄ったその場所は

確かにスゴかった。

何十年も釣りをしていない父も。

まったく釣りをしたことの無い母も。

そしてイカばかり釣ってる私も。

3人交代で仕掛けを投入して皆2秒でポン! 


あっという間にバケツには20cmほどのアジが3ビキ。


釣ったアジは即座に食べたいのが人情。

タタキにするか、カラ揚げにするか…  








はお好みで。










淡島アジ2




生簀


沼津の孤島、淡島にある磯料理店

「離宮」 のアジはだれでも簡単に釣れて

美味しくべられます。 

2011-08-13 : 釣行記 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

入れ食い

入れ食い。

なんといい響きだろう。 

誰もがこの入れ食いを夢見て釣行し、

多くの釣り人たちが痛い目を見て返り討ちにあう。 

それでも懲りずにまた挑む。


ハイ。

わたくし学習しないアホな釣り人です。 

前週の土曜日シイラ乗り合い船で地獄を味わい、

悔し紛れにその日の夕マヅメに行ったエギングでも完敗し、 

再起不能の凹ダメージを受けたにもかかわらず、


その翌週の土曜日にはまた釣りに出かけるという。

まったく反省しないアホです。 


でもね、

さすがにアホでも釣れる確率の高いつり物を選ぶわけで。



  



20110806夏空



といえばやっぱりショア青物が手堅いかと。 


そう、毎年恒例の夏の風物詩。



ソーダ祭り! 



「夏のソーダ祭り」は一部の人の間では

「ヤマザキ春のパン祭り」 とならぶ

日本三大祭の一つとも言われているとかいないとか…?


ってことで、逝ってきましたお祭りに。

夜が明けて、次第に周りが明るくなると

どこからともなくソーダ君が現れて。

カゴ釣りの人たちの竿が曲がり始めると同時に


ガツン!グイーーーーン!! 




で、

20110806ソーダ

群れが回ってくるとそれこそ面白いように


ガツン!グイーーーーン!! 


の繰り返し。

そのうちに魚が浮きだすと、トップを引くマウスの後ろで

弓角に猛然と水柱を上げて襲い掛かるソーダくん。


ドーン、

ドドーン! 


祭りだ祭り~ 


ソーダ祭りでーーーい! 



日本の夏、ソーダの夏。 


いやあ、やっぱりなーーんも考えないで

ガンガン釣れる釣りもたまにはいいやね。 


ザックリ ですが、今回の使用ルアーたちはこんな感じで。

20110806ヒットルアー

 
2011-08-08 : 釣行記 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

歯車

「シイラ:20人 ヒット300以上 キャッチ230以上 (80-130cm)
2隻出船。朝から、シイラが爆釣!」

年に一度はシイラ釣行。

こんな好期を逃す手は無い。すかさず会社の仲間5人と釣行。



シイラルアー船には「乗り合い」というシステムがある。 

少ない人数でも仕立て(いわゆるチャーター)よりも

安い料金で船に乗り釣りが出来るとても便利なシステムである。

おまけに色々な人が乗り合う中でトップの釣果(いわゆる竿頭ね)

を出せば最高の気分になれるのである。 



が、



逆に乗り合いで皆が釣れながら、

自分一人だけ釣れない時の気分はもう



ベッコリ凹んで



立ち直れないのである。 



まさに天国  と地獄 



( ̄ー ̄)ふっ


先週の日曜日。

オレは見事に地獄を見てきたよ。 





一緒に行った仲間が次々とヒットさせている中、

今回シイラ初挑戦の仲間にも釣れているにもかかわらず

なぜか自分だけにはなかなか釣れない状況。

それはそれは悔しいやら情けないやら。 

自分のウデを棚に上げて、

ジタバタしちまうのさ。 


色々とルアーをチェンジしたり、リトリーブスピードを変えたり…。

目の前のボイルにルアーを通してもショートバイトばかりで乗せられず、

やっとヒットすればいきなりのラインブレイク。 


本人的にはいつもと同じことをやっているにもかかわらず、

一度噛みあわなくなった歯車は逆にどんどんズレて行き、

最後は見事に




「ボ」




このままじゃあ納まらねぇ。

こうなったらこのところ好調のアオリ行くぜ。


皆と別れてからひとり伊豆半島へ。 

潮色はバッチリ。


( ̄ー ̄)ふっ


回遊ルートは分かっているんだ。

あとは回ってくるのをひたすら待つだけだぜ。


待つだけ。

待つだけ。

待つ…


投げ続ける事6時間。



・・・

アタリが無ーーーーい。 


気が付けば夜の9時。 



再び「ボ」
 




「あんなにまじめな人がねぇ…

いったいどこで人生の歯車が狂っちゃったんだろうねぇ。」



いやあああああああああぁぁぁぁぁぁ! 
 
2011-08-02 : 釣行記 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

えぎのりお

Author:えぎのりお
先日風邪をひきました。
鼻をかんだら真っ黒な墨が出ました。
・・・うそです。
と言うくらいアオリが好きさ。
ああ、エギングが大好きさ。
でも気が付けばもう50なのさ w

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード