FC2ブログ

かんぱ~い♪

20100625朝焼け

昨日の朝。


いやぁ


それはそれは見事な朝焼けでした。









えっ?

それだけかと?








はい。それだけです。


朝3:00から夜の19:00まで、

手を変え、品を変え、場所を変え。


途中2時間ほどお昼寝もして。

かなり真剣にやったつもりなんですけど… 



この時期の大潮初日。

たとえ釣れなくてもせめて親イカが見えるはずなんだけどなぁ。

でも、

この日に見たのは300gくらいのお子ちゃま2ハイ。

あとはまったく 気配なし! 



これだけやって一回もエギをカジられなかったなんて。



イカ居ねーーーーーーじゃん。

やっぱり今年の海は何かヘンだな。


せっかく氷太君もってきたのに出番無し。

完敗~!


DAY 2010.6.25 AM3:00- PM19:00
潮周り 大潮
満潮 AM2:18 PM17:09
干潮 AM09:46 PM22:02
スポンサーサイト
2010-06-26 : 釣行記 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

救世主現る?

氷太君




ほほぉ。氷太君とな。



「氷も解けない氷点下の世界を実現!!」




で、いったい何度に?



「-16℃」



えええええぇぇっ

まいなす16℃ 


この季節、釣ったイカを放置するとすぐに痛んじゃうからね。

氷は必需品。


でも事前に氷を買って行く時に限ってたいてい「ボ」 


クーラーボックスの中の氷がむなしいこと。

300円ムダにしちまった… 

てな思いも数知れず。(江木乗男、人間が小いんもんで)


で、

たまたま見つけた氷太君。

期待してるぜ。
2010-06-23 : 便利物etc. : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

ヨリトレール1







・・・



その昔、少年たちを熱狂させたあのマシーン。

サンダーバード2号の中から出てくる

モグラタンクのヘッドを連想したあなた

昭和の香りがしますねぇ。



もちろんコレはりっぱな釣具。


その名も




ヨリトレール




ヨリトレール!


この虫こな~ズ的なネーミングセンスもさることながら

その裏書がまたイカしてるノダ。




ヨリトレール説明


貝じゃありませんよと。

フックは付いてないからバイトしてもフッキングしないよと。

でもって、調子に乗って何回も投げると逆にヨリかかりますと。

しかもそれでも取れなきゃラインがダメだから代えたほうがいいよと。

あたりまえやん。 



でもコレ、ものすごくヨリとれます。



マジで。



シャクリを入れるとき、ドラグテンションを変えると

同じ力、ストロークでシャクッてもエギは全く別の動きをします。


よくイカに飽きられないようにするために

「シャクリを変えてワンパターンにならないようにしましょう」

と雑誌などに書かれて入るものの、

人間は何回も同じような動作を繰り返すと

つい同じようなパターンのシャクリになってしまうのは

誰しも経験することでしょう。


そんなときにドラグを極端に緩めたり、

ちょっとキツメに締めたりするだけで

結構変化がつけられるのですよ。


特にドラグをかなりユルユルにすると

エギが手前に移動する距離がおさえられて

ダートしながらやや上方向に流れますね。

また動きがやわらかい感じにもなります。


ただその時に困るのが糸ヨレが激しいこと。

そこで重宝するのがこの

ヨリトレール 


友達に教えてもらって試したら、

目から吸盤…じゃなくてウロコ。

エギングのみならず、ショアジグのように

キャスト回数の多い釣りにはかなり良いかと。

表記には15gの規格まで書いてありますが

残念ながらまだそのしたの7.5gまでしか見かけません。

早く重いの売り出さないかなぁ。

2010-06-21 : 便利物etc. : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

怪我の功名 Part2

先日の再検査の結果が出た。

まあ四十も後半になるとね、

なにがあるか分からないからね。

一応素直に検査だけはしておかないとね。

で、平日に休みをとって朝一から結果を聞きに病院へ  



せっかくの休日出勤の振り替え休みをまたしてもこんなことに使うハメになるとは… 

大抵こういうときはシロってな結末が多いのですが。


「江木さ~ん6番にお入りください。」

担当のお医者さんは美人の女医さん。

結果の説明にいちいちじっと目を見ながら話しかけてくるから

ドキドキもんですワまったく


わたくし美人に見つめられると照れてつい目をそらしちゃうタイプです

はい。。



結果はモチロン白

これで晴れて無罪放免。。


あの女医さんに会えなくなるのはチト残念な気もするけど… 

とりあえず来年の人間ドックまでは安心安心。



もろもろ終わって家に帰るとまだ12時。



・・・・まだ12時?



キラーンッ



今から行けばたっぷり釣りできるじゃん!






で、東伊豆某港に向けて13時出動。



ん?



これってこの前と全く同じ展開では?

この前が「ボ」だっただけに微妙にいやな予感もしたのだが…




だが…







だが…














20100615 1200







アオリーQゼット グッジョブ



写真だと小さく見えるけど、家に帰って量ったら一応1200g

カメラを車に忘れてて、取りに行ってる間に真っ白になっちまったよ


二回続けて「ボ」だったからね。

久しぶりのぐい~んぐい~んは楽しかったぜ 





今回のヒットエギ

20100615egi.jpg

アオリーQゼット3.5 

#20 スケルトンモエビオリーブ

曇りの日には白系のエギが 効く!


DAY 2010.6.15 PM3:00- PM19:30
ヒットタイム PM16:15
潮周り 中潮
満潮 AM5:36 PM19:51
干潮 AM00:27 PM12:43
2010-06-16 : 釣行記 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

二兎を追ってみた

金曜日、

土曜日にどこへ行こうかと情報収集。

「南伊豆、6kgのワラサ出てますよ~」



マジ?

聞けば足場の良い堤防から普通に釣れるらしい。

しかも目の前のボイル打ちだと。





場所取りも考えると朝3時過ぎには現場に着きたい。

逆算すると夜中の12時には出発。 


準備に手間取って結局一時間半しか寝られなかったよ 

でも6kgのワラサちゃんをお待たせするわけにはいかない。



予定通り3時過ぎには堤防到着。

気合の入ったデートでは早めに待ち合わせ場所行っちゃうタイプです、私。

ボイルが始まるのがだいたい6時ころかららしいから、

とりあえずエギングしながら待つ。


あわよくば2キロイカと6キロワラサのお土産付き?

欲深い私はいつもは使わない50リッタークーラー持参。

氷もいつもは小のところ奮発してを購入。

準備万端 


5時を回るころからいかにもソレ狙いというデカいミノーやジグを付けた

タックルをもった地元のアングラーが5、6人集結。


おっ、やっぱり情報はホンモノだねこりゃ。

しかし肝心のボイルは6時を回ってもまだ気配なし。


ま、時間がズレることは良くあるからね。

やがて7時になるかなと言うときに、ついに地元アングラーの目の前で


ガバッ!


「出た、出た、目の前だ~」


誰かが叫ぶと一斉にその周辺にルアーが飛び交った。

いよいよ祭りの始まりか 


負けじとひたすらキャスト&リトリーブを繰り返す。

しかし単発だったようで後が続かない。


さっきの魚デカかったなぁ。

こういうときは諦めたものが負け。

時おりポイントを休めながら、キャストを繰り返す。


やがて地元のアングラーも仕事があるのか

一人また一人と帰っていく。

だんだん心細くなって・・・


結局8時半まで頑張ったけどボイルは始まらず。

思い切りデートすっぽかされちまったよ 


ま、青物だからね。しゃーないやね。

と自分で自分を慰めつつ、

いつものようにイカモードへチェーーーンジ。


久しぶりに南伊豆にきたからね、

あちこち様子を見ながら走っては打ち、走っては打ち。

今回の情報をくれた友達が、

「磯場で3キロ級のアオリも出てますよ」

なんて言うからついでに教えてもらった地磯にもGO。

でもコレがまた遠いいのよ。

約20分の獣道と断崖の磯場は運度不足の老体にはまさに地獄 


それでも頑張って行ったかいあって、

そこは外海に面した切り立った磯に、豊かなホンダワラ林を有した理想的なロケーション 



iso1



ヤベーー釣れそう。




そしてついに!












まさかのノーバイト。

寝不足の体はもうヘロヘロ。

一時間半ほど仮眠して、またあちらこちらと走っては打ち…。



気が付けばすでに20時を回ってたよ 


さすがに体力の限界。

家に着いたのは夜中の12時。



ん?



たしか出てきたのも夜中の12時。


24時間もかけて「ボ」かい


まさに、二兎を追うもの一兎をも・・・

2010-06-13 : 釣行記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

怪我の功名?

会社の健康診断(いわゆる人間ドックってヤツ)でちょいと引っかかり、

肝臓関連で再検査となっちまった。 

まあ四十も後半になるとね、

さすがに色々と出てくるんですなこれが。


で、平日に休みをとって近くの大学病院へ。

せっかくの休日出勤の振り替え休みをこんなことに使うハメになるとは… 

超音波検査やら、MRIやら。

もちろん朝食はヌキで。 

このMRIってのがまた面倒で。

不自然な姿勢で固定されて狭い機械の中に入れられて、

そのまま約30分。


閉所恐怖症の人は絶対にムリだろうなコレ。

もろもろ終わって家に帰るとまだ3時。



・・・・まだ3時?



キラーンッ



今からでても夕マヅメ間に合うじゃん!






で、三時半出動。


今日は平日だからメジャースポットもガラ空き!?

どこでも打ち放題なの?

なの?


なんてニヤけつつ車は真鶴有料道路へ。

道路沿いの海に視線をやるとなにやら様子がおかしい。


???


なんかやけに海ニゴッてね?


良く見るとうっすら赤いような… 


いや~な感じ。

もしやコレは…


で真鶴半島を超えて熱海に近づくにつれて

海はますます赤みを増す。





ガーン!





思いっきり赤潮出てますけどーーっ! 





えぇ、そりゃあ立派な赤い絨毯でしたよ。

その上に乗って歩けるかと思うくらいの

見事なレッドカーペット。 



結局網代あたりまで行ったさ。

でもね、案外岸よりの方とか港の中なんかに

キレイな水が残っててね。

赤潮を避けたイカたちがそこにぐっちゃりと集まって…





いないのね。

やっぱりね。 


でも来るときの様子じゃ真鶴半島よりもの小田原寄りの海はまだ

それほどにごってなかったから。

ひょっとして…


で、チェック。


アタリも無いままズルズル釣りして。

気が付けばすでに23時を回ってたよ。



結局




「ボ」






怪我の功名でウハウウハのつもりが

もうボロボロでんがなホンマに。

散々な一日でしたとさ。




2010-06-08 : 釣行記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

その2 ボ !?

「あっまた来た!」


またしても後ろでもS木君の声がひびく。

これはまさに…


"最も経験が浅い人ほどなぜか一番釣るの法則。"



さらに K君が追い討ちを掛ける。

「なんかさっきより大きいみたいです。ジッジィーーーーッ

と気が付けばドラグが。

みんなが固唾を呑んで見守る中で上がってきたのは一目で


ニキロ越え と分かるモンスター級。


えっ、デカイのもディープに居たの? 

って言うか、オレだけ全くのノーバイトじゃん。


これはまさか…


"皆で釣りに行くと

誰か一人だけ釣れないの法則 !?"




ヤバイ。


なんとなく周りのみんなが気を使うこの空気

やさしくお年寄りをいたわる様な… 。



おーーーい、確かにオレはこのメンバーの中じゃ最年長だよ。

娘ももう20歳だよ。

でもまだおじいちゃんじゃないんだからやめてくれよぉそういう空気。



さすがにシャローには見切りをつけていそいそと10mライン狙いへ。

アオリーQゼットをディープへと送り込んではシャクってアタリを聞く。

でも・・・



釣れないのだよ。コレが。



陸からの釣りと違って波で不規則に上下する船上では

いつもやっているようにエギに一定のテンションを掛ける感覚がうまく行かず

まったく手も足も出ない。


これではまさに 「陸に上がったカッパ」  いや、

逆だ 「海に落ちた麦わらのルフィ」 か。

悪魔の実の能力者はどんな力を持った者でも

海の中では泳ぐことすらできない無力なのだと言うが。
(わからない人は少年ジャンプのワンピース読んでね)


このままじゃ本当にオレだけ




「ボ」!?







いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ 







 
平静を装いつつも必死にシャクり続けて何とか


やっと300

300gほどのリリースサイズをヒット。



ほっ… 


なんとか 「ボ」 だけは免れた…




そして再び S本船長がベビーサイズを1つ追加したところで潮の流れが


徐々に変わり、すっかりアタリもなくなってしまった。


さすがにこれだけ釣れば場荒れもしたかと転々と場所を変えながら

あちらこちらと探るも結局その後は誰ひとり釣れず。

まったりとした時間だけが過ぎて気が付けば午後2時の終了タイム。



アレ? 


ボートからのエギングって手付かずの


デカイカ入れ食いのはずじゃなかったのか?


これじゃあこのまえ陸から釣った時のほうが釣れてたじゃん。



では、

結果はっぴょ~

 S木くん 3バイでダントツ !

 Kくん 2ハイ でも一杯は2キロ超えモンスター !

 S本船長 2ハイ サイズは小さいものの操船しなが2ハイはさすが。

4位 Oくん。アオリ1パイ + アカイカ1パイ。


で、



肝心の 江木乗男 


リリースサイズ1パイで


最下位…






生簀の中にはみんなのイカが乱舞

生簀



でもオレのイカ居ないし。


まあね、


ほら、


別に競争しに行ったわけじゃないしね。


みんなで釣りすると楽しいからね。 ┐(´ー`)┌




泣かないもん !

(*T ^ T)




今回の「ボ」から救ってくれたヒットエギ

アオリーQゼット #13 レッドオレンジ 

DAY 2010.5.30 AM6:00- PM14:00
潮周り 大潮
満潮 AM5:02 PM19:17
干潮 PM12:08
2010-06-01 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

えぎのりお

Author:えぎのりお
先日風邪をひきました。
鼻をかんだら真っ黒な墨が出ました。
・・・うそです。
と言うくらいアオリが好きさ。
ああ、エギングが大好きさ。
でも気が付けばもう50なのさ w

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード