FC2ブログ

南の島にまぼろしの巨大イカを追う その1

エギングでアオリイカを狙う釣り人なら誰しもが行き着く疑問。

いったいアオリイカは何キロまで育つのだろうか?

そしてエギングではいったい何キロのアオリイカまで釣ることができるのだろうか?

その答えを自ら解明するべく、我々江木乗男探検隊(川口浩探検隊ではない)

は幻の巨大イカが生息するという種子島に乗り込むこととなった。

時はのっ込み第一陣の接岸が予測される3月下旬。

おりしも月末の繁忙期。

江木乗男はサラリーマンで営業職である。

しかし今のわたしにはもはや営業成績よりも巨大イカの捕獲が重要課題。

休日出勤の振り替え休日という武器を盾に、

土日を絡めたとは言え、このド忙しい月末に大ヒンシュク物の

4日間もの日程で種子島に挑んだのだった。


最初のアタックは3年前。

当時種子島の情報はほとんど皆無。

川崎にあるプロショップ「釣り助」さんのお客様の釣果報告に

5kgものデカアオリが釣れたと言う情報が掲載されのがきっかけだった。

ちなみにこの「釣り助」さん、シーバス専門店にもかかわらず

7寸のエギを販売していることからもわかるように

エギングに関してもかなりのマニアックなショップなのである。


ただのエギ好きの私に丁寧に情報提供いただき、

たまたま釣行スケジュールが合ったおかげで1日

現地でもご一緒していただくことができた。


そのときは現地のヤエン師が目の前で3キロupを連発。

そのポテンシャルをまざまざと見せ付けられたのだった。




カンの鋭い方はもうお気づきだろう。

見せ付けられた

と、言うことは





そう





自分では釣れていない


と言うこと。

今回同様に4日の日程でMAX 1キロちょいまでという

厳しい現実を突きつけられたのだった。


そして我々は今回再びその種子島に挑むこととなったのだ。(だって悔しかったんだもん)


隊長はわたくし江木乗男。そして隊員は前回も同行したO君。

わずか二名の精鋭部隊だ。

(単に公務員のO君くらいしかこんなときに休みが取れなかっただけという説もあるが…)


早朝5時40分に出発したバスは渋滞の名所を難なく通り抜け、

我々は予定通りの時刻に羽田空港のチェックインカウターに到着。

しかしここで我々は

予想だにしなかった障害に行く手を阻まれることになった。

スポンサーサイト
2010-03-31 : 釣行記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ただいまー♪

昨晩11時30分に無事帰宅。

3時半に島を出る高速船に乗ったから

ちょうど8時間の行程。

いやあ、久しぶりの遠征は疲れた~。

でもやっぱり島はいいやね。


鉄砲の島

ロケットの島

そして巨大アオリイカの島

種子島~

鹿児島港から種子島への高速船から見えるのは

噴煙を噴き上げる桜島をバックにした雄大な海

桜島の海



船が着くのは島の玄関、西之表の海

西之表港


島のあちこちにさまざまな形の岩々が見せる美しい景観の海

磯の景観


そしていかにも南の島らしいエメラルドグリーンの海

コバルトのサーフ


堤防周りでも大物の存在を感じさせる海

西の漁港


そしてしばし釣りをすることを忘れさせるほどの
夕日をたたえた美しい海

夕日の海




・・・・・って海しか行ってないんかい 


はい。


ひたすら海ばかり行ってたさ。

だって狙うは4kg超えのスーパーモンスター。

僕らの旅には鉄砲もロケットも関係ありまへ~ん。

民宿に泊まってはいたけれど、

宿で過ごしたのは風呂と仮眠でせいぜい毎日4時間程度。

海の中にエギがなければイカは釣れないのだ!



えっ?



そのわりにはイカの写真が無いじゃないかと



・・・・ 


まあまあ、そう焦らずに。

続きはまた明日。
2010-03-30 : 釣行記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

準備完了!

明日の午後には南の島~

さて、どうなりますやら。

お楽しみに 
2010-03-25 : イカ師の日常 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

まる見え~♪

あたりまえではありますが、遠征に行くときは事前の下調べが重要 

もちろん地元の人からの情報も重要だけど

島と言っても結構広いわけで

土地勘のない場所をたった4日の間に全部が探れるわけもなく、

基本的な地形の情報は可能な限り調べるのがデカイカへの近道 

で役にたつのがYahoo!の地図&航空写真。

こんな感じでミオスジの入り具合もバッチリまるみえ~

まるみえ

エリアによっての写りの良し悪しはあるものの、

この航空写真と地図を見比べて片っ端からチェックしておけば

事前に極端なハズシ場所をふるいにかけて

効率の良い釣りができるというもの。

世の中べんりになったものよのぅ。

あぁ今夜もまだまだ眠れない。



2010-03-23 : イカ師の日常 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

あーーぁ

昨日はまいりました。

久しぶりにシャクリにいけると思ったら

天気予報は最悪。

それでもどっかしら釣りができるところあるだろ

と思ってお気楽モードで友達と出かけてはみたものの 

ダダ荒れ


風裏になるはずの場所も風が巻いてダダ荒れ

風に巻き上げられた潮で景色が霞んでるし 

だいたい信号待ちで前に止まっているバスの巨体が

突風でグラグラ揺れるんだからそりゃ無理だよね。

自然の力にはかないまへん。

来週の遠征は天気に恵まれますように。

2010-03-21 : 釣行記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

オトナ買い

気に入ったエギは使う頻度も高いから

当然消耗も早い 

ちょこちょこ買うのも面倒だから・・・


1箱買い


オ・ト・ナ買い~ 



箱を開ければ



箱買い2


わーーーーーい 






んっ?





ちょっと待てよ?





!!!!!!!!!!!!








箱買い3


一箱5個入りのアオリーQゼット。



良く見ると下地のマーブルテープの柄の模様が







なんとすべてほぼ同じ位置になっているじゃあ~りませんか





下地のテープ貼りって機械貼り?

でもこんな曲面に均一に貼れるものだろうか?

手作業だとしたらそれこそ大量生産するなかで

これだけ均一に仕上げるって・・・

なんと驚異的な職人しあげ 

YO-ZURIクオリティ恐るべし 
2010-03-19 : エギもろもろ : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

ど・れ・に・し・よ・う・か・なっ

どれにしようかな


なーーーんて言ってる状況ではないのだ。

普段とはまったく違う環境で、

普段とは比べ物にならないサイズのイカさんを狙う遠征。

基本となる3.5号と4号のスタンダードとディープモデルは必須。

でも・・・

潮がブッ飛んでたらスーパーディープも必要か?

とか、

前回ヤエンのスーパーアジにしか反応しなかったヤツには

6号もアリか?

とか、

並んで釣る中で周りを出し抜くには

ワンサイズアップの4.5号や5号も捨てがたい?

とか・・・

ああああああああぁぁぁぁぁっ

収拾がつかない

と思いながらも心はウキウキなのさ

2010-03-18 : イカ師の日常 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

お昼休みは♪

遠征までにいろいろと準備することがあるからね。

お昼休みに会社のデスクでちょいとエギをカラーチューン。

と言ってもマジックで塗るだけだから簡単~

アジブラウン

地味目な茶系の背中のエギが欲しかったから茶色のマジックで塗り塗り。

ベースはアオリーQゼットの#08ゴールドアジ。

イメージしてたより明るい色になっちゃったけど

背中と腹のコントラストがハッキリして

しかも下地のゴールドがビカビカと良く光ること 

この地味ハデな感じいいかも~

遠征の前に、週末は久しぶりに肩慣らしだねこりゃ。
2010-03-17 : エギもろもろ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ちゃくちゃくと

北海道から帰ってみれば

関東はまさに


 


のような陽気。

南伊豆界隈も日に日に水温上昇の様子で 

ちゃくちゃくとデカイカシーズンが近づいている感じですね。


そして一足先にデカイカシーズンインしている南の島へ

遠征の準備もちゃくちゃくと。

ルビアス2500

おにゅーのルビアス2500に

0.8号をたっぷり200m 

通常は2506なんだろうけど、

0.8号を200mフル巻きしたいから

わたくしはあえての2500。

本気でスーパーモンスター狙うからね。

ちょっとしたライントラブルで先端30mとかカットしても

まだまだ余裕あるからね。

でも下巻きにも全部古いPEとか入れたから

たぶん楽勝で300m以上巻いたら、

さすがに意気が切れたやね。

歳はとりたくないもんだ。

ていうか、こんな体力で5kg超えと戦えるんかぃ 
2010-03-16 : イカ師の日常 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

まぼろしのアオリイカ

先日の北海道出張のおり、


電車に揺られて着いた先は


帯広駅


電車を降りるとパウダースノーの積もる駅のホーム。



ふと足元を見るとそこには…


な、


なんと!








帯広のいか



アオリイカ~






いやああまりもイカっ気のない旅で寂しいから


雪の上につい落書きしちまったさ。


駅員さん見たらなんだと思うかな


ちなみに私の知る北限のアオリイカ情報は

小樽港。

小樽にあるフィッシングパパさんの店頭に数年前に

港で釣れたアオリイカの写真が貼って有りました。

いつかは釣ってみたいもんだ。

北海道のアオリイカ。
2010-03-14 : イカ師の日常 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

えぎのりお

Author:えぎのりお
先日風邪をひきました。
鼻をかんだら真っ黒な墨が出ました。
・・・うそです。
と言うくらいアオリが好きさ。
ああ、エギングが大好きさ。
でも気が付けばもう50なのさ w

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード