スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

調査

ぼちぼち桜の花も咲きだして、そろそろ様子を見に半島へ。 

相棒はいつものO君。

まだ早いのはわかっちゃいるが、そろそろ各所の状況をチェックしとかないと、本番でまごつくからね。 

道すがら見える海は朝焼けが綺麗。

朝焼け

O君「朝焼けが綺麗な時はたいてい後で風が吹くんですよねぇ。」 

江木「今日の予報だとまさにそんな感じみたいよ。南西の風が9時くらいから徐々に強くなって、夕方もやまずに爆風らしいよ。」

一箇所目。

東伊豆某所。まだまだ水温低く、予想通り気配なし。

二箇所目。

もう少し南寄りへ。予想通り、先ほどの所よりは水温はややマシ。小魚も多い。時間帯次第では出そうだが残念ながら反応無し。

三箇所目。

一気に南下。綺麗なブルーの水色がもう水中の春を予感させる。海草も良い感じに繁茂。
でも残念ながらイカさんは見えず。
この頃から恐れていた風が吹き始める。悪い予報ほど当たるものである。 

四箇所目。

水温分布ではここらはすでに16℃を超えているエリア。堤防には明らかに最近の、しかもアオリのものらしい墨跡が数箇所。餌のヤエンで狙っているおじさんも数人。聞けばお1人はチビ1つ上げだがそれ以外にもバラシ。もう1人はバラシ1とか。

気配は濃厚なのだけど、強風が邪魔をして釣りにならない。 
 
五箇所目。

浅い藻場の上をエギを通すと後ろから黒い影が近づく。400gほどのサイズか?
「いやぁ久しぶり!元気にしてた?」と挨拶したくなるがアオリは一年の寿命。
今年生まれたであろうこのサイズのアオリには「初めまして。」が正解か。

乗せきれず逃げていったがどっちみちリリースサイズだからまぁいいか。

やっぱり水温の高い南エリアはイカが居るねぇ。 

六ヶ所目。

ザブザブ

風ビュゥビュウで竿を出さずに諦めて移動。 

七箇所目

今日は南西の爆風。予報ではまだまだ夕方に掛けて風が強くなる予報。
夕方に勝負を掛けようと風裏になりそうな場所を探しながらしかたなく東側へもどる。
しかし予定していた場所が満員御礼。 

諦めて八箇所目。

日中の内に水温が少しでも上がっていてくれればと期待したが海から上がってきたエギは期待に反してまだまだ冷たい。周りではヤリイカかスルメのようなイカが餌で釣れている。細いイカでも釣れればと夜7時過ぎまで投げてみたが、上がってきたのはタコさんのみ。 

タコさん

O君「やっぱり甘くないっすねぇ。あと二週間かなぁ。」

江木「まぁ風が無ければ南ではなんとか出そうだけどね。」

ほんとうに久しぶりの海。

投げてシャクッて。

釣果は無かったけど、やっぱり海は良いね。 
スポンサーサイト
2015-03-29 : 釣行記 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

新しいお宝

いやはや、この時期。

いつもながら水温が厳しい海況に加えてお仕事も忙しく、貴重なお休みはちょいと引きこもりな感じで。 

釣りに行けない時の釣り人の欲求は、勢い買い物という方向に向かってしまうのは世の常。 

そんなタイミングでこんな出物をみつけた日にゃあんた、 

胸ボロのみ

即買いでしょ。 

しかもこんな

背ボロ付き

背ボロ(背中の羽毛のヒレ)がついた物まであったらもう。 

もろもろ同じ系統の餌木が計16個。

いわゆるクロイオ型と呼ばれる類の形状の餌木。
しかもサイズが大きいから主に屋久島や種子島などの離島で作られ使われていたと推測されるもの。 

腹部の名書きには「ヤクシマ」とご丁寧に書かれているものもある。

カンナ針のつくりからしてそこそこ古いものと思われる。
各部の特徴から察するに上の写真の物の方が比較的あたらしい。

クロイオ型と呼ばれる形状でも鹿児島の湾内などで主に使われていたものは形が似ているもののサイズは一回り小さいのが特徴。 

ちなみに比較するとこんな感じ。

3個比較

一番下のものが体長(カンナ部分を除いた木部の長さ)が湾内系 10.5cm。
真ん中が離島系 13.7cm。
一番上が離島系 13cm。

離島系の大型のものは体長20cmくらいのもあるから今回の物はこれでも比較的小ぶりな方か。

鹿児島湾内系の古薩摩餌木はそれなりに収集できていたけど、離島系の古いものは全く持っていなかったからコレを見つけたときはマジで嬉しかったよ。 

また、餌木に呼ばれて導かれちまったな。
2015-02-22 : エギコレクション : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

いやはや、これまたすっかりご無沙汰しております。 

水温も下がり、巷ではヤリイカやらスルメイカやらがすっかり幅をきかせておりますが、皆様釣りに行ってますでしょうか?

今年も2回ほど、海に行きましたがヤリとスルメで本命には会えずじまい。
こんな時は家でおとなしく餌木たちを眺めているに限ります。

さて、そんな寂しい烏賊餌木師の心を久しぶりに揺さぶる一品が現れました。

「エギ王慶」

箱

およそエギが入っているとは想像も出来ない重厚なつくりの箱。

中には説明書きが。

説明書

それは美しい西陣織の布を纏ったエギ。

布

シンカーはもちろん。

顔

カンナにも

カンナ

美しい金色のメッキが施された逸品。

エギ王慶

日本の伝統的な織物、西陣織と日本の伝統漁具である餌木の融合。
まさに贅の極みと言うにふさわしいエギ。

一本 伍仟円也。 

たかがエギに5千円なんてバカバカしいと?

「根掛りが怖くて使えないよね。」と?

然もありなん。

しかしこのエギを見ていると、遠い昔に薩摩の武士たちがお抱えの餌木職人に芸術的な装飾を施した餌木をつくらせて夜毎その釣果を競い合った、そんな古の「粋」の心を感じさせてくれるではないか。

ともすれば釣果にばかり気が行くけれど、こんな遊び心も忘れたくないもんだ。

ヤマリアさん、「粋」だねぇ。

ちなみに三色あるのだけれど、さすがに3本まとめては買えなかったよ。 
もちろん実釣には使わないけどね。

江木乗男、粋を語るにはあまりに小さい男です。 
2015-02-01 : エギコレクション : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

並んでねっ

いやはや、すっかり放置で申し訳ございません。 

定期的にこのベ゜ージをご覧いただいている方(が何人いるかわかりませんが)におかれまして「もうコイツはブログやめちまったんじゃね?」的に思われていらっしゃるかと。 

前回の記事後も3回ほど、釣りには行っているのですが…

いまいちスッキリとしないんですよ。 

何がって、人が多すぎで。 

この秋は思ったよりも秋イカの調子はよろしくないようで、釣れる場所が限られまして。
いつもの場所はその限られた中でもよく釣れている様で、とにかく人がすごいんですよ。

いつもは午後3時くらいに行くのだけれど、たまたま色々あって夕方4時に現場入り。
しかし堤防にはすでに7人のエギンガーさんが居て入る場所無し。 
今から移動しても他の堤防があいている保障もなく、いい時間に移動だけで時間を浪費するのももったいない。
仕方なく後ろで誰かが諦めて帰るのを待つ。

しばらくすると私のあとからまた1人エギンガーさん。

後からの人「すごい混んでますね…。(絶句)」 

江木「ええ、私も30分ほど前にきたんですが、入るところが無くて順番待ちなんです。」 

と、さりげなく「順番に並んでね」的な空気を伝える。

その後、さらに2人組のエギンガーさんが来たが現状を見てそのまま駐車場へUターン。

まったく、給料日の銀行のATMじゃあるまいし、堤防の上で順番に一列に並んで待つって…

どうよ? 

結局この日はなんとか端の方のB級ポイントに途中から入れたが全くのノーバイト。

でも先端のベストポジションに良い時間から入った人達は2~4ハイずつの釣果。 

その翌週。

前週の教訓を生かしていくらなんでも昼12時頃に行って待っていれば、夕方には上がるメジナ師の方たちと入れ替わりでポイントに入れるだろうといつもよりも早めに現場入り。
しかし磯の先端のベストポジションに居る方の横にはエギングタックル。ってことは餌釣りの後でそのまま夜にエギングに突入するわけであえなく断念。 
その横の堤防もいつもにも増して人が多く、エギンガーの姿も数人。こうなるとおそらく夕方からの入れ替えも同じく望めない様子。 

江木「いったい何時にくれば釣場に入れるんだいまったく…。」 

O君「前の晩の夜中から場所取りしないとムリじゃないっすか?」

仕方なく次の港へ。ここも満員でまた次の港へ。ここもいっぱいでさらに次の港へと繰り返すこと?回。

やっと空きのある港をみつけたもののベストポジションには当然入れず、サブ的な端の方にかろうじて2人分のスペース。O君と入ったはいいものの、もういい加減ゲンナリで30分ほど釣りをする気にもなれずボーっと海を見てたよ。 

その日も先端のベストポジションに入ってた4人の人たちはいずれもアオリを2~4ハイ。

かたやこちらはO君がかろうじてアオリを1ハイで私はモンゴが2つで本命のアオリは0。 

モンゴ

江木「夕マヅメのいい時間に釣りしたいと思ったら、前の晩の夜中の1時とか2時には現場に入らないとダメって事か…。」

O君「いやぁ、厳しいっすねぇ。」 

あのさ、

イカの居るところで釣れないのは腕のせいだって諦めるよ素直に。でもさ、釣場に立つことすら出来ないんじゃどうにもならんぜまったく。 

いや、わかってるよ。条件は誰もみな同じ。その分早く出ないお前が悪いと言われればその通り。

でもね、イカとの勝負以前に人との場所取り勝負って、もはや釣りじゃないんじゃないか?それって。 

萎えるわぁ…マジで。 

やっぱり人の入り辛い場所を探すしかないんかねぇ。

地磯ガイド

あ~ぁ昔のようにのびのびと釣りをしたいもんだ。 
2014-11-03 : 釣行記 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

思い出す。

今週も着々と台風  が近づく週末。 

土曜日お昼の予報では波の高さ2m。

でも前回よりも台風の位置は遠いからなんとかなるか?

で、先週同様にいつもの場所へ。 

磯場はダメダメだけど堤防はまだなんとかなる。 

ノーマルのエギではウネリに翻弄されて安定しない。

ディープタイプ、エギ王Q速3.5号でなんとかエギを落ち着かせながら。

底からチャッチャッチャッとシャクリ上げて一瞬エギを止めて。

ゆっくりと引いてくると 「グイッ。」 

反射的にアワセをくれると

グィーングィーン…。

おぉぉぉぉっ、久しぶりやぁこの感触。 

イ、イカやぁ。 

春の不調からはや何ヶ月。

もはや忘れかけていたこの感触。

アオリ375g

重さは375g。

いかにも秋らしいサイズ。

その後波がどんどん高くなって結局この1パイしか釣れなかったけど、この小さな1パイが色々な感覚を思い出させてくれたよ。 

いよいよ始まりましたね。

ア・オ・リの季節。 
 
2014-10-05 : 釣行記 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

えぎのりお

Author:えぎのりお
先日風邪をひきました。
鼻をかんだら真っ黒な墨が出ました。
・・・うそです。
と言うくらいアオリが好きさ。
ああ、エギングが大好きさ。
でも気が付けばもう50なのさ w

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。